「あくび」とは?

言葉 詳細
悪日

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あくび

概要 (Wikipediaから引用)

あくび(yawn)(欠、欠伸、呿呻、呿)は、眠たいときなどに不随意に(反射的に)起こる、大きく口を開けて深く息を吸う呼吸動作である。 あくびが出やすいのは、覚醒と睡眠の境界から覚醒に向かうときである。具体的には以下のようなときに起こる。 眠たいとき。過度に疲れているとき 退屈なとき 極度の緊張状態 寝起きあくびは哺乳類以外にも爬虫類、鳥類などにも起こることが知られている。このことや、室傍核という脳の中でも原始的な部分の働きによるため、発生学的に古い行動だと考えられている。 出かかったあくびを無理に止めること、転じて退屈であるのを我慢することを「欠伸を噛み殺す」という。いくつかの文化においては、人前であくびをするのは無礼なことと考えられ、あくびをするときに口の前に手をかざしてそれを隠そうとする。 あくびを止めるには上唇を舌で舐める、舌で前歯の裏側を押しつけるなどの方法がある。 またあくびをするとき口を大きくあけ過ぎると顎を外す危険がある。 原理 室傍核のオキシトシン神経からあくび指令シグナルは発せられる。

欠伸

概要 (Wikipediaから引用)

『あくび』より : あくび(yawn)(欠、欠伸、呿呻、呿)は、眠たいときなどに不随意に(反射的に)起こる、大きく口を開けて深く息を吸う呼吸動作である。 あくびが出やすいのは、覚醒と睡眠の境界から覚醒に向かうときである。具体的には以下のようなときに起こる。 眠たいとき。過度に疲れているとき 退屈なとき 極度の緊張状態 寝起きあくびは哺乳類以外にも爬虫類、鳥類などにも起こることが知られている。このことや、室傍核という脳の中でも原始的な部分の働きによるため、発生学的に古い行動だと考えられている。 出かかったあくびを無理に止めること、転じて退屈であるのを我慢することを「欠伸を噛み殺す」という。いくつかの文化においては、人前であくびをするのは無礼なことと考えられ、あくびをするときに口の前に手をかざしてそれを隠そうとする。 あくびを止めるには上唇を舌で舐める、舌で前歯の裏側を押しつけるなどの方法がある。 またあくびをするとき口を大きくあけ過ぎると顎を外す危険がある。 原理 室傍核のオキシトシン神経からあくび指令シグナルは発せられる。