「あくら」とは?

言葉 詳細
飽浦

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

アクラ

概要 (Wikipediaから引用)

アクラ(英語: Accra [əˈkrɑː])は、アフリカ西部ギニア湾に面したガーナの首都。海岸から20 kmほど内陸まで都市が広がる。 2012年の統計によると人口は2,291,352人。ガーナ最大の都市であり、政治、経済、通信、交通の中枢である。主な産業は食品加工、木材加工、紡績、被服、化学などである。 15世紀にガー族がポルトガル人との貿易港として開拓し、後にポルトガル人はこの地に砦を築いて拠点とした。17世紀の末ごろにはスウェーデン、オランダ、フランス、イギリス、デンマークも利用する賑やかな街となっていた。 現在のアクラはイギリスとオランダの築いた砦を中核として広がっており、それぞれジェームズタウン、ウッシャーズタウンと両国との絆を感じさせる地名として残っている。 イギリスとアサンテ族の戦争終結後、アクラはイギリスの西アフリカ植民地の拠点となった。内陸部への鉄道網が整備され、内陸部の鉱業と農業からの生産物を輸出する貿易港となり、アクラはガーナの経済中枢として発展した。