「あけ」とは?

言葉 詳細
明け

概要 (Wikipediaから引用)

金星(きんせい、ラテン語: Venus ウェヌス、英語: Venus)は、太陽系で太陽に近い方から2番目の惑星。また、地球に最も近い公転軌道を持つ惑星である。 地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度が最も地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。 地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月についで明るく見える星であることから、明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」という。 物理学的性質 大気と温度 金星には二酸化炭素を主成分とし、わずかに窒素を含む大気が存在する。大気圧は非常に高く地表で約90気圧ある(地球での水深900mに相当)。金星の厚い雲は太陽光の80%を宇宙空間へと反射するため、地表に届く日光そのものは地球よりも少なく、そのままであれば金星の地表温度は氷点下になるはずである。

あけ

概要 (Wikipediaから引用)

あけぼのは、かつて東日本旅客鉄道(JR東日本)が上野駅 - 青森駅間を東北本線・高崎線・上越線・信越本線・羽越本線・奥羽本線を経由して運行していた寝台特急列車である。 「あけぼの」は、1970年10月1日に上野駅 - 青森駅間を東北本線・奥羽本線経由で運行開始した定期寝台特急列車。これに先駆け、同年7月からは臨時寝台特急として上野駅 - 秋田駅間で毎日1往復の運行が開始され、定期化される前日まで運行された。その後1973年10月1日のダイヤ改正で上野駅 - 秋田駅間に1往復、1982年11月15日の東北・上越新幹線開業によるダイヤ改正で上野駅 - 青森駅間に1往復、それぞれ増便され最盛期には毎日3往復(上野駅 - 青森駅間2往復、上野駅 - 秋田駅間1往復)が運行されていた。しかし1988年3月13日の青函トンネル開業ダイヤ改正時に1往復減便され、さらに1990年9月1日の山形新幹線着工により1往復が列車名を「鳥海」に変更のうえ高崎線・上越線・信越本線・羽越本線経由とされ、残る1往復も経路を東北本線、陸羽東線および奥羽本線経由とされた。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

飽く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

明ける

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あける

概要 (Wikipediaから引用)

『』より :

明く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

開ける

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

空く

概要 (Wikipediaから引用)

『空くんの手紙』(そらくんのてがみ)は、小田空による日本の少女漫画作品。 『りぼん』(集英社)1979年(昭和54年)2月号から1984年(昭和59年)4月号まで連載され、また1984年(昭和59年)りぼん春休み増刊号にも掲載された。単行本はりぼんマスコットコミックス版が全4巻。集英社文庫版が全2巻。 森の傍に立つ一軒家で、共同生活を営む「空くん」「うさぎ」「ゴジラ」を中心に展開するメルヘンタッチのハートウォーミングストーリー。1話完結。 登場人物 レギュラー 空くん(そらくん) 主人公。メルヘンチックな森の傍らに住む少年。セーラー服に半ズボンがトレードマーク。生活の基礎である自給自足の能力に長け、家事全般をこなすなど大人顔負けの生活力を誇るが、一方で趣味がプラモデル作りなど少年らしい一面も見せる。性格は至って常識人で、優しく温厚ではあるが、生真面目な性格故とっつきづらい部分もある。さばの味噌煮が好き。 うさぎ 空くんと共同生活を送る牡ウサギ。真面目な空くんに対して、家事をさぼりたがったり、悪いことをしても素直に謝るのを躊躇ったりと、モラルに欠けるトラブルメーカー的存在だが、根は悪人ではない。

空ける

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あく

概要 (Wikipediaから引用)

『灰汁』より : 灰汁(あく)とは、原義では灰(藁灰や木灰)を水に浸して上澄みをすくった液のこと(#灰汁)。この灰汁を使って食品自体がもつ強くてクセのある味を処理したことから、そのような嫌な味やクセそのものも「あく」と呼ぶようになった(#食品のアク)。本項目でともに解説する。 灰汁 灰汁は藁灰や木灰を水に浸した上で上澄みをすくった液である。炭酸カリウムが主成分であるためアルカリ性で、洗剤、漂白剤、また食品のアク抜き(後述)などとして用いる。鹿児島県ではこの灰汁を用いて「あくまき」や「つのまき」と呼ばれるちまきを作るほか、沖縄県では「はいじる」と呼んで沖縄そばの原料として用いられる。灰の項目も参照。 灰汁は、灰を水のなかに入れてとる液で、洗濯や染め物など用途に応じてさまざまな作り方があった。 洗濯用には米俵を一俵分焼き、これを一斗(18リットル)樽に入れ、水をいっぱいに加え、よく混ぜてこの上澄みをたらいに移し、20倍くらいに薄めたものを使用した。

開く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

厭く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。