「あけがた」とは?

言葉 詳細
明け方

概要 (Wikipediaから引用)

明け方(あけがた)は、1日のうち夜が明けて明るくなる時間帯。明け(あけ)・夜明け(よあけ)・暁(あかつき)・東雲(しののめ)・曙(あけぼの)・黎明(れいめい)・払暁(ふつぎょう)・彼誰時(かわたれどき)などの語がある。 日の出頃の時間帯であるが、太陽が地平線より上に昇る前から大気中の塵による光の散乱により空が明るくなり始める。これを薄明といい、星が見え暗さが残る段階までを「明け方」、日の出前でも十分に空が明るい段階を「夜明け」として区別したりする。 漢語でこの時間帯を表すのは朝・旦・晨・早などである。これらは夕方を表す語とともに朝夕・旦暮・晨昏・早晩などと併用される。 日本の暦では古くは明け六つ時といわれ5時から7時くらいの時間帯であった。 また、暁(あかつき)という言は、現代語では「夜明け」「明け方」(太陽は出ていないが、空が明るくなり出している状態)を指すが、古語では「未明」(空が明るくなる前の状態)を表すので注意が必要である。

明方

概要 (Wikipediaから引用)

明方ハム(みょうがたハム)は、岐阜県郡上市八幡町旭1486-1にある、めぐみの農業協同組合 JAめぐみのが経営する”めぐみの農業共同組合食肉加工事業所”の通称であり、この事業所で生産されているハムである。国産豚肉100%使用し、添加物や保存料を極力使用していないプレスハムである。現在は焼豚も製造している。1953年(昭和28年)、畜産振興と山間地の食改善を目的として、岐阜県郡上郡奥明方村(後の明方村→明宝村、現郡上市)の奥明方農協加工所で明方ハムの名で生産開始。主に郡上郡八幡町 (岐阜県) 八幡町(現郡上市)で販売。1980年(昭和55年)、日本放送協会 NHKの明るい農村で紹介された事より全国に名が知られる。1986年(昭和61年)、郡上農業協同組合(当時)は事業拡大の為、就業人口の多い郡上郡八幡町への工場移設を決定する。これに対し明方村は反対し、第3セクター方式での工場を計画する(後の明宝ハム)。

明けがた

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。