「あけがらすはや」とは?

言葉 詳細
暁烏敏

概要 (Wikipediaから引用)

暁烏 敏(あけがらす はや、1877年〈明治10年〉7月12日 - 1954年〈昭和29年〉8月27日)は、真宗大谷派の僧侶、宗教家である。院号は「香草院」。法名は「釈彰敏」。愛称は「念仏総長」。 真宗大学在学時から俳句を作り、号は「非無」。高浜虚子に師事し、詩や俳句も多く残した。 同じ加賀の藤原鉄乗、高光大船と暁烏敏を合わせて加賀の三羽烏という。 1877年(明治10年)、石川県石川郡出城村字北安田(現白山市北安田)真宗大谷派の明達寺に長男としてに生まれる。父の暁烏依念(えねん)は説教使として知られた人物であった。母の千代野も、清貧に甘んじた夫に尽くし、敏の教育に熱心な母であった。 1887年(明治20年)、父 依念と死別。 1893年(明治26年)、共立尋常中学校を退学(日本語を世界に広めれば良いとの理由で、英語の試験をボイコットし落第したことが原因)。同年9月、京都の大谷尋常中学校に編入。清沢満之に出会い、以降師事する。 1896年(明治29年)、真宗大学本科に入学。 1897年(明治30年)、20歳で『歎異抄』に出会う。