「あけたから」とは?

言葉 詳細
明宝

概要 (Wikipediaから引用)

明宝村(めいほうむら)は、岐阜県郡上郡にあった村である。2004年3月1日に郡上郡の7町村で合併して郡上市となった。 地理 美濃地方の北端で、飛騨高地に位置する。村の面積の大半は山林である。長良川の支流、吉田川の上流部にあたった。北東の烏帽子岳がある北東部から北部にかけて標高が高く、めいほうスキー場、明宝温泉はこの高地にあった。東の四分の一は飛騨川の支流馬瀬川の支流、弓掛川の流域で、村の他の地域とは小川峠で結ばれた。 山:烏帽子岳 (1,625m) 河川:吉田川、寒水川、弓掛川 隣接していた自治体 郡上郡 白鳥町、大和町、八幡町、和良村(現・郡上市) 益田郡 金山町、馬瀬村(現・下呂市) 大野郡 清見村、荘川村(現・高山市) 1897年(明治30年)4月1日 大谷村・寒水村・気良村・小川村・畑佐村・二間手村・奥住村が合併し奥明方村が成立。