「あけち」とは?

言葉 詳細
明地

概要 (Wikipediaから引用)

明地峠(あけちとうげ)は、岡山県新見市と鳥取県日野郡日野町_(鳥取県) 日野町との間に位置し、両県の県境となっている峠。標高690m。 後醍醐天皇やが隠岐島 隠岐に流罪になる際に通られたとされる。ただし四十曲峠にも同様の説がある。 現在は国道180号の明地トンネル(延長1130m)が貫通している。峠の前後区間は、岡山側はカーブが比較的緩やかであるが、鳥取側は急カーブ急勾配の連続区間である。その為岡山側のトンネル直前には、「鳥取側 カーブ多し」の看板がある。 鳥取側には展望台があり、雄大な大山_(鳥取県) 大山を望むことができる。 国道180号(明地トンネル) 日本の峠一覧 中国地方の峠

明智

概要 (Wikipediaから引用)

明智 地名 現在の岐阜県恵那市に合併される前に存在した恵那郡明智町 人名 戦国時代、安土桃山時代の氏族。 ⇒ 明智氏 中国語の人名。李明智など。 関連項目 明智で始まる記事の一覧。

明知

概要 (Wikipediaから引用)

明知城(あけちじょう)は、美濃国明知(現在の岐阜県恵那市明智町)にあった戦国時代の日本の城(山城)。別名白鷹城(しらたかじょう)。現在は江戸時代の一国一城令により廃城し、城址となっている。岐阜県指定史跡。なお、美濃国には、可児郡明智荘にも明智城(長山城)が存在していたので、混同への注意が必要である。 明知城は、日本三大山城に数えられる岩村城から南西8kmに位置する遠山十八城のひとつ。標高530mの山に築かれた天険の地形を巧みに利用した平山城で、土盛砦として保塁数大小23箇所あり、今でもその様子が原形のまま残っているのが日本でも数少ないとされ、県の指定文化財となっている。重要な砦には石垣を積み上げ、中に陣屋として実践に備えた館5棟があった。 恵那郡明知は、北は岩村・恵那、東は信濃国伊那郡飯田、西は土岐郡、南は三河国賀茂郡足助・額田郡岡崎に街道が通じる、交通の要衝の地である。遠山氏祖の遠山景朝の父親である、源頼朝の重臣の加藤景廉が明知を含む遠山荘の地頭に任ぜられ、それ以降、明知遠山氏累代の土地であった。