「あけもと」とは?

言葉 詳細
明元

概要 (Wikipediaから引用)

明元帝(めいげんてい)は、北魏の第2代皇帝(在位:409年 - 423年)。 生涯 391年、拓跋珪(道武帝)の長子として生まれる。母の劉貴人は拓跋嗣が立太子される前、代、魏の慣習に従い道武帝より死を賜った。これを知った拓跋嗣は嘆き悲しみ、道武帝に反発して出奔したことがあった。 409年、父・道武帝が異母弟の拓跋紹(次子)によって殺害される事件が発生すると、拓跋紹を討ち即位する。 漢人官僚の崔宏、崔浩を用い統治機構の整備に腐心した。戦乱に明け暮れた治世を送り、423年、宋との戦役の中で崩御した。 后妃 明元昭哀皇后姚氏…姚興の娘 明元密皇后杜氏…陽平王(杜超)の妹 子女 子 太武帝 拓跋燾 楽平王 拓跋丕 安定王 拓跋弥 楽安王 拓跋範 永昌王 拓跋健 建寧王 拓跋崇 新興王 拓跋俊。