「あげき」とは?

言葉 詳細
阿下喜

概要 (Wikipediaから引用)

阿下喜駅(あげきえき)は、三重県いなべ市北勢町阿下喜にある、三岐鉄道北勢線の駅で、同線の終着駅である。 1931年(昭和6年)7月8日 - 北勢鉄道の駅として開業。 1934年(昭和9年)6月27日 - 社名変更により北勢電気鉄道の駅となる。 1944年(昭和19年)2月11日 - 会社合併により、三重交通の駅となる。 1964年(昭和39年)2月1日 - 事業譲渡により三重電気鉄道の駅となる。 1965年(昭和40年)4月1日 - 近畿日本鉄道が三重電気鉄道を合併し、近鉄の駅となる。 1977年(昭和52年)5月25日 - ホームを桑名方に7.5m、阿下喜方に2.5m延伸する(有効長:51.0m→61.0m)。 1978年(昭和53年) 3月13日 - 側線のうち3号線(46.1m:ホーム桑名方)および12号ポイントを撤去する。 3月15日 - 既設ホーム部分(53.5m)を嵩上げする。 3月31日 - ホームを桑名方に10.0m延伸する(有効長:61.0m→71.0m)。