「あこ」とは?

言葉 詳細
亜子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

阿古

概要 (Wikipediaから引用)

『アコヤガイ』より : アコヤガイ(阿古屋貝、学名 Pinctada fucata martensii)は、ウグイスガイ目 ウグイスガイ科に分類される二枚貝の一種。真珠養殖に利用される「真珠母貝」の一つで、「真珠貝」という別名もよく知られている。 殻長10cmほど。貝殻は平たい半円形で、中央部は厚いが縁は層状になっており、薄く剥がれる。貝殻の外側は緑黒色か緑白色だが、内側は強い真珠光沢がある。 太平洋とインド洋の熱帯・亜熱帯の海に広く分布し、日本でも房総半島以南に分布する。干潮線帯から水深20mくらいまでの岩礁に生息し、青い光沢のある足糸を出して、岩石に自分の体を固定して生活する。 養殖 貝殻の内側に異物が混入すると異物に対し真珠層を巻くので、真珠の養殖に使用されている。 真珠の核は、別の貝の貝殻を真円状に加工したものを核としている。 貝柱は曲玉形をしており食用にされ、真珠を取り出す際に別に採取する。食材としては串焼き、天ぷら、茶碗蒸し、粕漬けなどに使用されるが、古くは日干ししていた。 1990年代後半に感染症が拡大したため日本のアコヤガイ養殖は打撃を受け、中国産のアコヤガイが導入された。

飽く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

明く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

空く

概要 (Wikipediaから引用)

『空くんの手紙』(そらくんのてがみ)は、小田空による日本の少女漫画作品。 『りぼん』(集英社)1979年(昭和54年)2月号から1984年(昭和59年)4月号まで連載され、また1984年(昭和59年)りぼん春休み増刊号にも掲載された。単行本はりぼんマスコットコミックス版が全4巻。集英社文庫版が全2巻。 森の傍に立つ一軒家で、共同生活を営む「空くん」「うさぎ」「ゴジラ」を中心に展開するメルヘンタッチのハートウォーミングストーリー。1話完結。 登場人物 レギュラー 空くん(そらくん) 主人公。メルヘンチックな森の傍らに住む少年。セーラー服に半ズボンがトレードマーク。生活の基礎である自給自足の能力に長け、家事全般をこなすなど大人顔負けの生活力を誇るが、一方で趣味がプラモデル作りなど少年らしい一面も見せる。性格は至って常識人で、優しく温厚ではあるが、生真面目な性格故とっつきづらい部分もある。さばの味噌煮が好き。 うさぎ 空くんと共同生活を送る牡ウサギ。真面目な空くんに対して、家事をさぼりたがったり、悪いことをしても素直に謝るのを躊躇ったりと、モラルに欠けるトラブルメーカー的存在だが、根は悪人ではない。

あく

概要 (Wikipediaから引用)

『灰汁』より : 灰汁(あく)とは、原義では灰(藁灰や木灰)を水に浸して上澄みをすくった液のこと(#灰汁)。この灰汁を使って食品自体がもつ強くてクセのある味を処理したことから、そのような嫌な味やクセそのものも「あく」と呼ぶようになった(#食品のアク)。本項目でともに解説する。 灰汁 灰汁は藁灰や木灰を水に浸した上で上澄みをすくった液である。炭酸カリウムが主成分であるためアルカリ性で、洗剤、漂白剤、また食品のアク抜き(後述)などとして用いる。鹿児島県ではこの灰汁を用いて「あくまき」や「つのまき」と呼ばれるちまきを作るほか、沖縄県では「はいじる」と呼んで沖縄そばの原料として用いられる。灰の項目も参照。 灰汁は、灰を水のなかに入れてとる液で、洗濯や染め物など用途に応じてさまざまな作り方があった。 洗濯用には米俵を一俵分焼き、これを一斗(18リットル)樽に入れ、水をいっぱいに加え、よく混ぜてこの上澄みをたらいに移し、20倍くらいに薄めたものを使用した。

開く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

厭く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。