「あご」とは?

言葉 詳細
阿後

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

安居

概要 (Wikipediaから引用)

安居(あんご)は、それまで個々に活動していた僧侶たちが、一定期間、一カ所に集まって集団で修行すること。及び、その期間の事を指す。 また、法臘は夏安居に参加するごとにひとつ増えるとされた。 仏教界での用例 安居とは、雨期を意味する梵語のvārsika(又はvarsa。尚、パーリ語ではvassa)を漢語に訳したものである。 本来の目的は雨期には草木が生え繁り、昆虫、蛇などの数多くの小動物が活動するため、遊行(外での修行)をやめて一カ所に定住することにより、小動物に対する無用な殺生を防ぐ事である。後に雨期のある夏に行う事から、夏安居(げあんご)、雨安居(うあんご)とも呼ばれるようになった。 釈尊在世中より始められたとされ、その後、仏教の伝来と共に中国や日本に伝わり、夏だけでなく冬も行うようになり(冬安居)、安居の回数が僧侶の仏教界での経験を指すようになり、その後の昇進の基準になるなど、非常に重要視された。

阿児

概要 (Wikipediaから引用)

阿児町(あごちょう)は、三重県志摩半島南部に位置した町。 2004年(平成16年)10月1日に志摩郡大王町、浜島町、磯部町、志摩町と合併し志摩市になり地方自治体としての阿児町は廃止された。現在は志摩市の一町名として名を残している。 伊勢志摩国立公園に代表される豊かな自然が魅力の観光産業や漁業、真珠産業で有名。 地理 東西11.25km、南北8.65kmに及ぶ。 自然 湾 英虞湾(日本の代表的なリアス式海岸、21世紀に残したい日本の風景第6位・美しき日本百の風景(横山展望台)) 的矢湾 岬 - 安乗崎 島 - 賢島、多徳島、土井ヶ原島、天童島 川 - 奥野川、前川、東海川 沿革 1955年(昭和30年)1月1日 - 鵜方町・神明村・立神村・志島村・甲賀村・国府村・安乗村が合併して発足。

あご

概要 (Wikipediaから引用)

あご、アゴ 顎 トビウオの別名 あご勇(アゴ勇) 顎 元F1ドライバー、ミハエル・シューマッハの日本での(主にF1ファンに於いての)俗称。

概要 (Wikipediaから引用)

顎(あご、英語名:jaw)は、それを持つ生物一般においては、口の一部であって、開閉して物を捕らえる機能を有する構造体を指す。 ヒトを含む顎口上綱の動物では、頭の下部にあって、上下に開閉する機能を持つ、骨(顎骨)と筋肉を中心に形成された、口の構造物全体を指す。顎口上綱の顎は上顎と下顎で形成されており、支点のある上顎に対して下顎が稼働する。哺乳類(ヒトを含む)は下顎の稼働性が高く、これを繰り返し動かすことによって食物を咀嚼する。対して、顎を具えてはいても咀嚼を行わない動物の多くは、物を捕らえる、引きちぎる、呑み込むなどを行うために顎を用いる。 呼称 「あご」を表す漢字には、日本語の国字である「顎(音:ガク、訓:あご)」のほか、「歯の根をおおう肉(歯茎)」を原義とする「腭(齶、音:ガク、訓:あご、はぐき)」や、「{口+咢}(音:ガク、訓:?)」がある。 また、別に「頤(おとがい)」を「あご」とも言うが、この字は主に「顎」を指す(「#ヒトの顎」も参照)。 なお、医学などにおける日本語の専門用語としては、「顎、腭、{口+咢}」はいずれであっても音読みをする。

吾子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。