「あごすて」とは?

言葉 詳細
アゴステ

概要 (Wikipediaから引用)

アゴスティーノ・ステッファーニ(Agostino Steffani, 1653年7月25日–1728年2月12日)はイタリア盛期バロック音楽の作曲家・オルガン奏者で外交官およびカトリックの聖職者。バイエルンを中心にドイツで活躍した。 生涯 幼少期にヴェネツィアの聖マルコ大寺院の少年聖歌隊員に加わる。1667年にその美声に魅了されたタッテンバハ伯爵によってミュンヘンへと連れられて行き、同地でバイエルン選帝侯フェルディナント・マリアより奨学金を得て学業を修め、バイエルン宮廷楽団の一員に加わって俸給を得る。ヨハン・カスパール・ケルルのもとで音楽修業を続けた後、1673年にローマに留学、エルコレ・ベルナベイに師事して6つのモテットを完成させる(現在その手稿譜はケンブリッジのフィッツウィリアム博物館が所蔵)。 1674年にミュンヘンに戻り、最初の作品《 Psalmodia vespertina》を出版(1世紀後にマルティーニ師の『対位法教程 Saggio dl contrapunto』において部分的に転載される)。