「あさか」とは?

言葉 詳細
朝香

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

浅賀

概要 (Wikipediaから引用)

浅賀 優美(あさが ゆみ 1990年12月8日 - )はセント・フォース所属のタレント・キャスターである。 神奈川県出身。慶應義塾大学卒業。2011年に「Beauty and Earth2011」(学内のミスコンテストだが、ミス慶應ではない)に出場し優勝した経験を持つ。慶応義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネススクール)在学中。 活動開始当初、株式会社スプラウトに所属していたが、2015年夏に親会社であるセント・フォースに転籍。 身長164cm。 中学生のころからアナウンサー・キャスターを志望していた。 趣味・特技にピアノの演奏とテニス・ゴルフがある。 2016年4月12日付け自身のブログで、同年4月末の芸能界引退及び事務所を去る旨を報告した。 出演番組 J SPORTS「メジャーリーグナビ#1」のMCを担当 シューイチ(2012年4月1日 - 2013年3月31日、日本テレビ) 番組のレポーター「シューイチガールズ」の第2期生としてレギュラー出演し、お天気コーナーを中心に担当。

朝夏

概要 (Wikipediaから引用)

朝夏 まなと(あさか まなと、9月15日 - )は、宝塚歌劇団・宙組に所属する男役(トップスター)。 佐賀県佐賀市出身。佐賀大学文化教育学部附属中学校卒業。身長172cm、血液型A型。愛称は「まぁ」「まなと」。 3歳からバレエを習う。地元・佐賀にやってきた真琴つばさ率いる月組の全国ツアー公演「うたかたの恋」を観て、宝塚受験を決意。 2000年、宝塚音楽学校に入学。 2002年、宝塚歌劇団に第88期生として入団。入団時の成績は48人中10番。星組「プラハの春」で初舞台。同年5月21日、花組に配属。同期には、元花組トップ娘役の桜乃彩音、大湖せしる、紅ゆずる、妃咲せあら、花影アリス、春風弥里、蓮水ゆうやなどがいる。 2005年、「マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー」で新人公演初主演に抜擢。 2005年7月より1年間、第4期スカイフェアリーズを務めた。 2008年、「蒼いくちづけ−ドラキュラ伯爵の恋−」でバウワークショップ初主演。 2010年、「BUND/NEON 上海」でバウホール単独主演を果たす。

浅加

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

朝加

概要 (Wikipediaから引用)

朝加 真由美(あさか まゆみ、1955年9月6日 - )は、日本の女優、元歌手。本名:手塚 容子、旧姓:竹内。 北海道上磯郡上磯町(現:北斗市)出身。イイジマルーム→ケイファクトリー所属。 人物・来歴 函館白百合学園高等学校中退。1971年にミス・セブンティーンコンテスト北海道大会でスカウトされた(同コンテストのグランプリである坂口良子は、同期で同年齢で同郷)。 1973年、『ウルトラマンタロウ』の白鳥さおり役でドラマデビューしたが、第16話で降板し、以降は小野恵子が最終回まで代役を務めた。その後は劇団青年座研究生として所属した。当初は芸名が平仮名の「あさか まゆみ」だったこともある。 私生活では、1986年に俳優の篠塚勝と結婚し2女をもうけたが、2005年〜2006年頃に離婚した。 特技は水泳。 出演作品 テレビドラマ = NHK = 連続テレビ小説 ひまわり(1996年) 純と愛(2013年) - 久世秋代 ズッコケ三人組(1999年) - おたか ルージュ(2001年) 御宿かわせみ(2003年) - おさん 人生はフルコース(2006年) - 中野(牧村)静代の母 チャレンジド(2009年) - 町田典子 セカンドバージン(2010年) - 三沢文江 塚原卜伝(2011年) - 藤枝 わたしのウチにはなんにもない。

浅香

概要 (Wikipediaから引用)

『樋口一葉』より : 樋口 一葉(ひぐち いちよう、1872年5月2日(明治5年3月25日)- 1896年(明治29年)11月23日)は、日本の小説家。東京生まれ。本名は夏子、戸籍名は奈津。 中島歌子に歌、古典を学び、半井桃水に小説を学ぶ。生活に苦しみながら、「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった秀作を発表、文壇から絶賛される。わずか1年半でこれらの作品を送ったが、24歳6ヶ月で肺結核により死去。没後に発表された『一葉日記』も高い評価を受けている。 生涯 出生と樋口家 東京府第二大区一小区内幸町の東京府庁構内(現在の東京都千代田区)の長屋で生まれる。本名は樋口奈津。父は樋口為之助(則義)、母は古屋家の娘多喜(あやめ)の第五子で、一葉は二女。姉のふじ、兄に泉太郎、虎之助がおり、一葉の後に妹くにが生まれた。 樋口家は甲斐国山梨郡中萩原村重郎原(現:山梨県甲州市塩山)の長百姓。祖父の八左衛門は一葉が生まれる前年に死去しているが、学問を好み俳諧や狂歌、漢詩に親しんだ人物で、江戸の御家人真下晩菘(専之丞)から江戸の情報を知り、横浜開港に際しては生糸輸出の事業にも着手している。

安積

概要 (Wikipediaから引用)

安積郡(あさかぐん)は、陸奥国・石背国・岩代国にあった郡である。現在の福島県の中央部に位置した。 郡域 1878年(明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、郡山市の一部(熱海町中山・熱海町石筵・熱海町高玉・熱海町玉川を除くおおむね阿武隈川以西)にあたる。 『先代旧事本紀』の巻10『国造本紀』による、成務天皇の時代、阿尺国造(あさかのくにのみやつこ)が治めた阿尺国が律令制下の評(郡)に転じたものに始まるとされる。 養老年間(717年 - 724年)の短期間であるが、白河郡、石背郡、信夫郡、会津郡とともに陸奥国から分立した石背国とされた。弘仁6年(815年)から10世紀までは、陸奥国に6つ(後に7つ)の軍団のうちの一つ、安積団があった。 延喜六年正月九日(906年)、安積郡から入野・佐戸の2郷を割き新たに安達郷を立てて3郷からなる安達郡が分立した。(『延喜式』民部省頭註)中世以降に、坂上田村麻呂の末を称する田村氏が支配する阿武隈川の東を田村郡に分立した。

朝霞

概要 (Wikipediaから引用)

朝霞市(あさかし)は、埼玉県南部、武蔵野台地の中北端にある人口約13万7千人の市。人口は三郷市に次ぐ県内17位。 地理 地形は大きく荒川低地と武蔵野台地に分けられる。その高低差は約40mである。 市の北東部の市境付近を荒川が、それよりも多少西側を新河岸川が南東に向かって流れる。中央部の黒目川の流れは初めは北向き、やがて弧を描くように東に向きを変える。南東部の広沢の池(市立図書館に程近い)から発する越戸川が、東部の和光市との市境付近を北に向かって流れている。 河川:荒川、新河岸川、黒目川、越戸川 湖沼:広沢の池 湧水:溝沼にある「滝の根公園」をはじめとして、市内に数箇所の湧水地がある。 隣接している自治体(行政区) 東京都 練馬区 - 陸上自衛隊朝霞駐屯地内で隣接。大泉学園方面への公道はあるが、途中一部の土地が新座市や和光市に属しており、当市から練馬区への公道での直通は出来ない。 埼玉県 さいたま市(桜区・南区) - 荒川を挟んで北東に隣接するが、直接行き来できる道路はなく(志木市、もしくは和光市と戸田市を挟む)、唯一JR武蔵野線で桜区にアクセスできる。

朝賀

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

阿坂

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

朝阪

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

愛栄

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

安坂

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。