「あさかちゅうとんち」とは?

言葉 詳細
朝霞駐屯地

概要 (Wikipediaから引用)

朝霞駐屯地(あさかちゅうとんち、JGSDF Camp Asaka)は、東京都練馬区、埼玉県朝霞市、和光市、新座市にまたがる陸上自衛隊の駐屯地である。 駐屯地司令は東部方面総監部幕僚長が兼務(東部方面総監部の移駐前は第1施設団長が兼務)。国道254号(川越街道)に接する朝霞門の右側には陸上自衛隊広報センターが所在する。また、隣接する朝霞訓練場では3年に一度、自衛隊記念日に中央観閲式が実施される。 沿革 朝霞駐屯地を含む一帯は、1930年(昭和5年)に開設された「東京ゴルフ倶楽部朝霞コース」跡地。1940年(昭和15年)陸軍省により買収され、1941年(昭和16年)陸軍予科士官学校が市ヶ谷から移転した(東京ゴルフ倶楽部は狭山へ移転)。現在の朝霞駐屯地構内の池「びわ湖」は三番ショートホールの名残りである。 1960年(昭和35年)3月15日:朝霞駐屯地を開設。 1964年(昭和39年):朝霞駐屯地内射撃場を、第18回夏季オリンピック東京大会ライフル射撃競技会場として使用。