「あさがやきた」とは?

言葉 詳細
阿佐谷北

概要 (Wikipediaから引用)

『阿佐谷』より : 阿佐谷(あさがや)は、東京都杉並区の地名である。阿佐ヶ谷・阿佐ケ谷とも表記する。現行行政地名としては阿佐谷北(あさがやきた)一丁目から六丁目、および阿佐谷南(あさがやみなみ)一丁目から三丁目が存在する(いずれも住居表示実施済み区域)。 地理 中心部の阿佐ケ谷駅を境に阿佐谷北・阿佐谷南の2区域に区分され、江戸時代の阿佐ヶ谷村の範囲とほぼ一致する。街のシンボルとなっているケヤキ並木(中杉通り)が南北に通る。北部は阿佐谷北一丁目から六丁目で日大二高通りと早稲田通りが北限になっている。南側は阿佐谷南一丁目から三丁目で杉並区役所があり、青梅街道が南限で街道沿いには南阿佐ケ谷駅がある。 関東大震災のあった大正時代あたりから山の手の郊外住宅地として人口が増加し、現在では駅周辺以外は住宅地が密集している。河北総合病院、世尊院、阿佐ヶ谷神明宮(旧・天祖神社)、日本基督教団阿佐ヶ谷教会など趣のある場所が多く、また書店・古書店も多い。 夏には南口の大型商店街「阿佐谷パールセンター」において阿佐谷七夕まつりが開催される。