「あさくさだけ」とは?

言葉 詳細
浅草岳

概要 (Wikipediaから引用)

浅草岳(あさくさだけ)は、越後山脈に位置し、新潟県魚沼市、福島県南会津郡只見町にまたがる第四紀火山である。標高1,585.5m。一等三角点「浅草岳」設置。越後三山只見国定公園に属する。 地質は玄武岩、安山岩からなる成層火山である。噴火活動時期がおよそ170万年前~150万年前と相当古いため、侵食が進み火口は確認されない。特に福島県側である南東面は、南西側に続く鬼ヶ面山とともに、雪崩による侵食によって典型的な雪食地形を形成しており、成層火山の円錐形の形状が認められる北側、北西側の斜面と非対称な山容となっている。衛星峰の鬼ヶ面山には巨大な岩壁がある。 江戸時代の文化年間に編纂された『新編会津風土記』には、「四時雪ヲ戴キ半山ハ草木地ニ蟠レリ、『ノコキリハ』ト云処アリ、峯尖鋸歯ノ如ク其勢恐ルヘシ、遠方ヨリ望メハ極テ奇観ナリ」と、山容が記されている。 山麓はブナの原生林が残り、林床には日本海側多雪地帯に分布するユキツバキが多く見られる。 登山ルート 福島県側 只見沢登山口。廃駅になったJR只見線、元田子倉駅わきの国道252号から登山口まで5分。