「あさけ」とは?

言葉 詳細
朝明

概要 (Wikipediaから引用)

朝明郡(あさけぐん)は、三重県(伊勢国)にあった郡。 郡域 1879年(明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。 四日市市の一部(概ね羽津、富士町、城山町、羽津山町、山手町、緑丘町、垂坂町、垂坂新町、中村町、萱生町、あかつき台、山城町、札場町、小牧町、中野町以北) 三重郡川越町・朝日町の全域 三重郡菰野町の一部(永井・竹成・小島・田口・田口新田・田光・杉谷・切畑・榊・根の平) 近世以降の沿革 「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。(60村) 慶応4年1月22日(1868年2月15日) - 戊辰戦争により桑名城が開城し、桑名藩領が名古屋藩取締地となる。 明治2年8月10日(1869年9月15日) - 桑名藩が減封のうえ再興。本郡内の領地は安堵。 明治4年 7月14日(1871年8月29日) - 廃藩置県により、藩領が桑名県、忍県の管轄となる。 11月22日(1872年1月2日) - 第1次府県統合により、全域が安濃津県の管轄となる。

朝気

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。