「あさひや」とは?

言葉 詳細
旭屋

概要 (Wikipediaから引用)

株式会社旭屋書店(あさひやしょてん)は、 大阪府大阪市北区に本社を置く日本の書店。「旭屋書店」の名称で近畿地方を中心に日本国内17店舗、香港に1店舗を展開する。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。 沿革 1946年(昭和21年) - 産経新聞社長の早嶋喜一が大阪市北区梅田の大阪駅前で「旭屋商店」を創業。社名は、喜一の生地である岡山県の河川、旭川に由来。雑貨・化粧品の販売から始め、翌1947年に書店「旭屋書店」となる。 1964年(昭和39年) - 1月31日深夜、隣接するパチンコ店から出た火が燃え移り、書店本館の1階、2階が全焼。 1965年(昭和40年)11月 - 銀座東芝ビルに銀座店を出店。東京進出1号店。 1966年(昭和41年) - 早嶋喜一が全日空羽田沖墜落事故で死亡。これにより息子早嶋健が継ぐ。 1969年(昭和44年) - 本店を大阪駅前から御堂筋東側の曾根崎に移転。 1975年(昭和50年) - 水道橋店開業。 1977年(昭和52年) - 札幌店開業、北海道に進出(2003年、札幌駅前に移転)。