「あざぶながさか」とは?

言葉 詳細
麻布永坂

概要 (Wikipediaから引用)

『麻布』より : 麻布永坂町(あざぶながさかちょう)は東京都港区にある町名である。麻布地区総合支所管内にあたる区域の一つで、麻布狸穴町とともに区内で唯一の住居表示未実施地域である。住居表示未実施のため、街区符号・住居番号はない。 外苑東通りより古川(渋谷川)の谷へ向かう斜面に位置し、飯倉片町交差点と地下鉄麻布十番駅の中間にある。町域の大部分は住宅地となっており、著名人の邸宅などがある。また、麻布永坂町は古くから更科そばで有名であり、町内には更科そば本舗の布屋太兵衛がある。 1962年(昭和37年)以降、麻布永坂町の範囲は徐々に縮小している。 残された旧町名 住居表示に関する法律が成立した1962年(昭和37年)以降、港区においても新たな街画が設定されてそれまでの歴史ある町名が次々と消滅、1978年(昭和53年)には町名変更の実施率が97.4%に達していた。