「あしか」とは?

言葉 詳細
アシカ

概要 (Wikipediaから引用)

アシカ(海驢、葦鹿)は、鰭脚類アシカ科の海生動物である。ただし現状、その範囲は文脈により揺らぎがある。最も広義にはアシカ科の総称であるが、アシカ科には一般的にオットセイ、トド、オタリアも含まれ、これ等(特にオットセイ)を別扱いとする場合もある。さらに狭義の意味で、アシカ属1属を意味することもある。 定義 アシカの定義には揺らぎがあり、狭義から順に次のようになる。 アシカ科アシカ属の総称。ニホンアシカ、カリフォルニアアシカ、ガラパゴスアシカの3種が属する。なお、アシカ属に1種か2種しか認めない説もあり、それらの説に則る場合は「アシカとはアシカ科の1種のことである」や「アシカとはニホンアシカとカリフォルニアアシカの2種の総称である」(カリフォルニアアシカにガラパゴスアシカを含んでいる)と表現されることもあるが、意味するところは同じである。

あしか

概要 (Wikipediaから引用)

『アシカ作戦』より : アシカ作戦(アシカさくせん、独:Unternehmen Seelöwe、英:Operation Sea Lion)は、第二次世界大戦中にドイツが計画したイギリス本土上陸作戦の呼称。結局この作戦は実施されることはなかった。アシカ作戦は原語であるドイツ語をカタカナ書きしてゼーレーヴェ作戦、同じく英語をカタカナ書きしてシーライオン作戦とも呼ばれる場合がある。 作戦計画 アシカ作戦はフランス降伏後、ドイツの主敵となったイギリスを屈服させるために計画された。1939年11月、ドイツ海軍総司令官エーリヒ・レーダーは作戦の実行可能性を調査し、イギリス海峡を越えて上陸作戦を成功させるための条件を提示した。 イギリス海軍海上部隊の無力化、ないし作戦時の介入阻止。 イギリス空軍の無力化。 沿岸防衛施設の破壊。 イギリス潜水艦による上陸部隊への攻撃阻止。陸軍総司令部が最初に提案した上陸計画は、ドーセットからケントに至る広大な地域へ一挙に上陸するという、野心的ではあったが無茶なものだった。

海驢

概要 (Wikipediaから引用)

『アシカ』より : アシカ(海驢、葦鹿)は、鰭脚類アシカ科の海生動物である。ただし現状、その範囲は文脈により揺らぎがある。最も広義にはアシカ科の総称であるが、アシカ科には一般的にオットセイ、トド、オタリアも含まれ、これ等(特にオットセイ)を別扱いとする場合もある。さらに狭義の意味で、アシカ属1属を意味することもある。 定義 アシカの定義には揺らぎがあり、狭義から順に次のようになる。 アシカ科アシカ属の総称。ニホンアシカ、カリフォルニアアシカ、ガラパゴスアシカの3種が属する。なお、アシカ属に1種か2種しか認めない説もあり、それらの説に則る場合は「アシカとはアシカ科の1種のことである」や「アシカとはニホンアシカとカリフォルニアアシカの2種の総称である」(カリフォルニアアシカにガラパゴスアシカを含んでいる)と表現されることもあるが、意味するところは同じである。