「あしがばーと」とは?

言葉 詳細
アシガバート

概要 (Wikipediaから引用)

アシガバート(トルクメン語:Aşgabat、ペルシア語:عشق آباد, Ešq-âbâd、ロシア語:Ашхабад, Ashkhabad、英語:AshgabatまたはAshkhabad)は、トルクメニスタンの首都。1919年から1927年の間はポルトラツク(Полторацк, Poltoratsk)という名であった。 コペトダグ山脈とカラクム砂漠の間にあり、主要産業はガラス製造、ぶどう酒醸造、綿織物業など。現在の人口は695,300人(2001年)。周囲をアハル州に囲まれているが、アシガバート市単独で州と同格の地位にあり、行政上はいかなる州にも属さない。 市の名前 アシガバートの名前の由来を遡ればペルシア語に行き着く。ペルシア語のAshkはアルサケス朝を意味し、ペルシア語の接尾辞ābādは「都市」を意味することから、「アルサケスの町」となる。 また、アラビア語系の語彙でAshqが「愛」を意味することから、市名は「愛の町」という意味であると解する説もある。