「あしたか」とは?

言葉 詳細
愛鷹

概要 (Wikipediaから引用)

『天城型巡洋戦艦』より : 天城型巡洋戦艦(あまぎがたじゅんようせんかん)とは、日本海軍が計画した八八艦隊の巡洋戦艦である。4隻建造途中でワシントン海軍軍縮条約のため計画中止となり、2隻は破棄された。2隻が航空母艦に改装が検討されたものの後述のように1隻は破棄解体された。 計画の経緯 第一次世界大戦中に発生したユトランド沖海戦の戦訓を元に、日本海軍は、かねてより思案していた戦艦8隻、巡洋戦艦(当時は装甲巡洋艦)8隻の八八艦隊を計画した。8隻の建造予定であった巡洋戦艦として、最初に計画されたのが本型である。天城型巡洋戦艦としては八四艦隊案と八六艦隊案において1917年(大正6年)に「天城」と「赤城」が、1918年(大正7年)に「高雄」と「愛宕」の計4隻の建造が帝国議会で認められ、残りの4隻は十三号型巡洋戦艦と呼ばれる新規設計となる計画であった。 なお本型は、日本海軍が当初から巡洋戦艦として建造した唯一の国産艦である。 41cm主砲10門という加賀型戦艦と同等の攻撃力と30ktの高速力を両立させる関係上、船体全長は250mを超えるものとなった。

足高

概要 (Wikipediaから引用)

足高の制 「足高」・・・静岡県沼津市にある地域の名称->大岡 (沼津市) 「足高 (つくばみらい市)」・・・茨城県つくばみらい市にある地名 栃木県立足利高等学校の略称