「あしな」とは?

言葉 詳細
芦名

概要 (Wikipediaから引用)

『蘆名氏』より : 蘆名(あしな)氏は、桓武平氏系統の三浦氏から興った氏族。相模国蘆名(現在横須賀市芦名、芦名城)の地名に由来する。「芦名氏」「葦名氏」「三浦芦名家」と表記される事もある。 相模蘆名氏と会津蘆名氏の二つの系統が存在する。通し字は前者は「為」、後者は「盛」。 相模蘆名氏 三浦義継の三男・為清が蘆名姓を名乗ったことに始まる。孫の石田為久は木曾義仲を討ち取り、褒章として近江国石田村を与えられ、一族は同地に移住した。その後、下毛野流石田氏と婚姻を重ねて京極氏の被官となり、戦国時代には石田三成を輩出(石田三成が、名門蘆名氏の流れを自称した可能性もある)した。また、鎌倉時代中期には蘆名経光が伯耆守護となっている。 会津蘆名氏 三浦義明の七男・佐原義連を初代とするが、蘆名姓を名乗るのは、義連の孫に当たる光盛の代になってからである(異説あり)。 室町時代には京都扶持衆として、自らを「会津守護」と称していた。 戦国時代に蘆名盛氏が現われ最盛期を迎えた。これにより、奥州で伊達氏と並び称される有力大名となった。 しかし、蘆名氏は一族猪苗代氏をはじめとする家臣の統制に苦慮し、さらに盛氏の晩年には後継者問題も発生した。

芦品

概要 (Wikipediaから引用)

芦品郡(あしなぐん)は、広島県にあった郡。 郡域 1898年(明治31年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。 福山市の一部(芦田町各町・新市町各町および駅家町大字法成寺を除く駅家町各町) 府中市の大部分(上下町各町・篠根町・河南町・僧殿町・河面町・諸毛町・小国町・三郎丸町を除く) 神石郡神石高原町の一部(桑木および父木野・坂瀬川の各一部) 明治31年(1898年)10月1日 - 郡制の施行のため、芦田郡・品治郡の区域をもって発足。以下の町村が所属。(2町23村) 旧・芦田郡(2町13村) - 府中町、出口町、岩谷村、河佐村、阿字村、木野山村、行縢村(現・府中市)、桑木村(現・神石郡神石高原町)、藤尾村(現・福山市、神石郡神石高原町)、常金丸村(現・福山市)、広谷村、国府村、栗生村(現・府中市)、有磨村、福相村(現・福山市) 旧・品治郡(10村) - 宜山村、倉光村、中島村、江良村、坊寺村、万能倉村、戸田村、新市村、網引村、服部村(現・福山市) 明治32年(1899年)7月1日 - 郡制を施行。