「あしょろ」とは?

言葉 詳細
足寄

概要 (Wikipediaから引用)

足寄町(あしょろちょう)は、北海道十勝総合振興局管内の足寄郡にある町。 町名の由来は、アイヌ語の「エショロ・ペツ」(沿って下る川)から。 約1,400km²の面積を持ち、2005年(平成17年)1月までは、日本最大の面積を持つ市町村だった。(ロシアに占領されている北方領土の択捉郡留別村を含めると2番目)。2014年現在は、岐阜県高山市、静岡県浜松市、栃木県日光市、北海道北見市及び静岡市に次いで第6位。また、道内(留別村を除く)では2006年(平成18年)3月19日まで、面積最大の市町村であり、現在も北見市に次ぐ道内2位の面積である。町としては2006年(平成18年)3月20日現在でも、日本一広い面積を持つ。 地理 十勝総合振興局北東部に位置する。北の陸別町から流れ来る利別川中流域と、その支流である足寄川、美里別川流域をほぼその町域とし、日本の町村で最も広い面積を誇る。北西部は石狩山地の山々が、東縁には雌阿寒岳があり標高が高くなっている。中央南部は利別川河谷に沿って平地があり、ここに中心市街がある。 典型的な内陸性気候で、気温の年較差が大きく冬の寒さは厳しい。