「あじ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

『味覚』より : 味覚の別名。 物事の面白さ。

庵治

概要 (Wikipediaから引用)

庵治町(あじちょう)は、香川県高松市内の地名。-> 高松市を参照。 庵治町(あじちょう)は、香川県木田郡に属していた(前項の地名と同地域の)町。本稿では、高松市への合併時点(2006年1月10日)までの記事・データ表情報を記載中のため、現在の情報については前項に示した高松市を参照。 庵治町(あじちょう)は、香川県木田郡にあった町。石材の庵治石で有名。 高松市と2006年1月10日に編入合併し消滅した。 庵治町には全域にわたって大字がなく、住所の表記は「庵治町」のあとに直接番地がつく。また、郵便番号も全域「761-0130」であるが、例外の住所(高松市役所庵治支所(旧・庵治町役場)は「761-0187」)もある。 地理 瀬戸内海国立公園の東中央部、四国本土の最北端(竹居岬)に位置している。 山: 五剣山、竜王山、遠見山、立石山、毘沙門山、女体山、大仙山、御殿山 河川: 長者川 島: 大島、矢竹島、弁天島、兜島、鎧島、稲毛島、高島 人口 高松市合併以後は「庵治」を参照 1890年(明治23年)2月15日 - 町村制施行に伴い、山田郡庵治村(あじむら)となる。

阿字

概要 (Wikipediaから引用)

阿字ヶ浦駅(あじがうらえき)は、茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町にあるひたちなか海浜鉄道湊線の駅である。 駅構造 島式ホーム1面2線(駅の外側の1線のみ使用)と留置線を有するが、留置線は本線からのポイントが撤去されていて、使用することができない状況にあり、列車は那珂湊駅まで引き返して停泊する。 かつては機回し線もあったが、勝田駅方とは逆側のポイントが撤去されていて、こちらも使用不可となっている。 以前は駅員が配置されていたが、無人駅である。夏季の海水浴シーズン時を中心に那珂湊駅から駅員が派遣される。構内には廃車体が置かれ夏の海水浴客の臨時更衣室となっていたが、2009年3月25日に撤去・解体された。 2010年10月から改修工事が行なわれ、ホームの嵩上げ(通常使用している1線のみ)とスロープ設置によるバリアフリー化が成され、同年12月より使用が開始された。ホームは現在2両分しか使われていないが、長さ(有効長)そのものは7両分あり、かつて上野駅から臨時急行「あじがうら号」が運行されていた名残である。

アジ

概要 (Wikipediaから引用)

アジ(鯵、鰺)はアジ科アジ亜科 Caranginae に含まれる魚の総称。日本ではその中の一種マアジ Trachurus japonicus を指すことが多いが、他にも多くの種類がある。世界各地の熱帯・温帯域で食用に漁獲されている。 形態 体側の側線上に鋭い突起をもつ稜鱗(りょうりん: Scute)が発達することでアジ科の他の亜科と区別される。稜鱗は、日本では「ぜんご」「ぜいご」という俗称で呼ばれることが多く、学術的には楯状鱗と呼ばれることもある。種類によって稜鱗の並ぶ長さや幅は異なり、同定の手がかりになる。 全長は15cmほどのミヤカミヒラアジ Alepes kleinii から、150cm以上になるロウニンアジ Caranx ignobilis まで種類によって異なる。体は著しく側扁し広葉樹の葉のような形状のものが多いが、ムロアジ属のように断面が円に近く前後に細長い紡錘形のものもいる。マアジ等では同種内で二通りの体型に分かれ、その中間の体型のものも存在する。体色は、背側は鳥類など上方からの捕食者を撹乱するために暗い色、腹側は大型肉食魚のような下方からの捕食者を撹乱するために明るい色になっている。

あじ

概要 (Wikipediaから引用)

『アジ』より : アジ、あじ (Aji) アジ(鰺) - 魚 䳑。アジガモ(䳑鴨)。トモエガモの異称。 アジテーション(agitation)の略。扇動。 アニメ作品『∀ガンダム』に登場する架空の人物→∀ガンダムの登場人物を参照。 AJI - 早稲田大学出身のアカペラグループ アジ=ドリノマール - テレビゲーム『スパイロ・ザ・ドラゴン』に登場するキャラクター。

概要 (Wikipediaから引用)

『アジ』より : アジ(鯵、鰺)はアジ科アジ亜科 Caranginae に含まれる魚の総称。日本ではその中の一種マアジ Trachurus japonicus を指すことが多いが、他にも多くの種類がある。世界各地の熱帯・温帯域で食用に漁獲されている。 形態 体側の側線上に鋭い突起をもつ稜鱗(りょうりん: Scute)が発達することでアジ科の他の亜科と区別される。稜鱗は、日本では「ぜんご」「ぜいご」という俗称で呼ばれることが多く、学術的には楯状鱗と呼ばれることもある。種類によって稜鱗の並ぶ長さや幅は異なり、同定の手がかりになる。 全長は15cmほどのミヤカミヒラアジ Alepes kleinii から、150cm以上になるロウニンアジ Caranx ignobilis まで種類によって異なる。体は著しく側扁し広葉樹の葉のような形状のものが多いが、ムロアジ属のように断面が円に近く前後に細長い紡錘形のものもいる。マアジ等では同種内で二通りの体型に分かれ、その中間の体型のものも存在する。体色は、背側は鳥類など上方からの捕食者を撹乱するために暗い色、腹側は大型肉食魚のような下方からの捕食者を撹乱するために明るい色になっている。

概要 (Wikipediaから引用)

『アジ』より : アジ(鯵、鰺)はアジ科アジ亜科 Caranginae に含まれる魚の総称。日本ではその中の一種マアジ Trachurus japonicus を指すことが多いが、他にも多くの種類がある。世界各地の熱帯・温帯域で食用に漁獲されている。 形態 体側の側線上に鋭い突起をもつ稜鱗(りょうりん: Scute)が発達することでアジ科の他の亜科と区別される。稜鱗は、日本では「ぜんご」「ぜいご」という俗称で呼ばれることが多く、学術的には楯状鱗と呼ばれることもある。種類によって稜鱗の並ぶ長さや幅は異なり、同定の手がかりになる。 全長は15cmほどのミヤカミヒラアジ Alepes kleinii から、150cm以上になるロウニンアジ Caranx ignobilis まで種類によって異なる。体は著しく側扁し広葉樹の葉のような形状のものが多いが、ムロアジ属のように断面が円に近く前後に細長い紡錘形のものもいる。マアジ等では同種内で二通りの体型に分かれ、その中間の体型のものも存在する。体色は、背側は鳥類など上方からの捕食者を撹乱するために暗い色、腹側は大型肉食魚のような下方からの捕食者を撹乱するために明るい色になっている。

あじる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

アジる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。