「あじいちもんめ」とは?

言葉 詳細
味いちもんめ

概要 (Wikipediaから引用)

『味いちもんめ』(あじいちもんめ)は、原作:あべ善太、作画:倉田よしみによる日本の漫画作品。板前と料亭を題材にした料理・グルメ漫画。1995年にはテレビ朝日系でテレビドラマ化もされた。 初期は『ビッグコミックオリジナル増刊号』(小学館)にて連載していたが、1987年『ビッグコミックスペリオール』(同)の創刊と共に移籍した。1999年には第44回小学館漫画賞青年一般向け部門を受賞している。なお、初回の掲載題名は『アヒル物語』となっており、第2回から『味いちもんめ』に改題されている。 1999年3月14日に原作者のあべ善太が急逝したため、『味いちもんめ』は単行本33巻途中にて終了した。その後、シナリオ協力として福田幸江が参加して連載が再開され、『新・味いちもんめ』として2008年4号まで連載、同年6号から2013年5号までは『味いちもんめ・独立編』として連載された(タイトルは『独立編』でも実際は雇われ店長である)。