「あじす」とは?

言葉 詳細
阿知須

概要 (Wikipediaから引用)

阿知須町(あじすちょう)は、山口県中央部にあった町。 2001年夏に町内のきらら浜で山口きらら博が開催された。 2005年10月1日に他の吉敷郡の町、山口市、徳地町と対等合併して新山口市(3代)となり、消滅した。 地理 河川:井関川、土路石川 隣接していた自治体 山口市 宇部市 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、佐山村・井関村の区域をもって井関村が発足。 1899年(明治32年)4月1日 - 井関村の一部(大字佐山)が分立して佐山村が発足。 1940年(昭和15年)11月3日 - 井関村が町制施行・改称して阿知須町(第1次)となる。 1944年(昭和19年)4月1日 - 山口市・大歳村・平川村・秋穂二島村・名田島村・陶村・小郡町・嘉川村・佐山村と合併し、改めて山口市が発足。同日阿知須町(第1次)廃止。 1947年(昭和22年)11月1日 - 山口市の一部(大字阿知須)が分立して阿知須町(第2次)が発足。