「あすか」とは?

言葉 詳細
飛香

概要 (Wikipediaから引用)

飛香舎(ひぎょうしゃ)は、平安御所の後宮の七殿五舎のうちの一つ。初めは七殿に比べ格が低かったらしいが、清涼殿の北西に隣り合った位置であることなどから、平安時代 平安中期以降中宮や有力な女御の局になった。現在、京都御所に復元されている。庭にフジ (植物) 藤が植えられていたことから藤壺(ふじつぼ)の別名があり、この舎で藤やキク 菊を愛でる宴が行われた。藤原道長の娘で一条天皇中宮・藤原彰子が住んだことで有名。その後も彰子の妹の三条天皇中宮・藤原妍子と後一条天皇中宮・藤原威子、さらに威子の娘の後冷泉天皇中宮・章子内親王など、御堂関白家の后妃が続けて住んだ。その他に飛香舎を賜っていたのが知られるのは、村上天皇中宮・藤原安子(藤原師輔女)、鳥羽天皇女御(橘俊綱女)、二条天皇中宮・藤原育子(藤原実能女)。

飛鳥

概要 (Wikipediaから引用)

飛鳥(あすか)は現在の奈良県高市郡明日香村大字飛鳥あたりと大阪府羽曳野市及び太子町あたりを指す地域名。2つの飛鳥を区別するために、河内国(大阪府)の飛鳥は「近つ飛鳥」「河内飛鳥」とよばれ、大和国(奈良県)の飛鳥は「遠つ飛鳥」・「大和飛鳥」とよばれる。この場合の「近つ」、「遠つ」は都があった難波宮(大阪市中央区)からみてちかいかとおいかによる(なお、遠つ飛鳥と近つ飛鳥を逆に解する説もある)。 現在では単に「飛鳥」といった場合には、大阪府の飛鳥(河内飛鳥)ではなく奈良県の飛鳥(大和飛鳥)を指すのが一般的である。したがって、ここでは奈良県の大和飛鳥について記述し、大阪の飛鳥は「河内飛鳥」の項目に記す。 古い時代においてのみ公的であった名称ではなく、近年においても1956年の合併によって明日香村がうまれるまではこの地域に飛鳥村があり地方自治体の名称として飛鳥は存在した。また、現在においても明日香村の大字(おおあざ)として飛鳥という地名は存在している。 名称について 「あすか」の語源については外来語由来説、地形名称由来説などがあるがはっきりとしたことはわかっていない。

明日加

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

明日香

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

明香

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

朱鳥

概要 (Wikipediaから引用)

朱鳥(しゅちょう、すちょう、あかみとり)は、日本で飛鳥時代の686年から使われた元号である。 改元 元号制度は孝徳天皇の代から始められ、大化・白雉の2つの元号が定められたが、孝徳天皇が崩御して次の斉明天皇の代より断絶していた。天武天皇15年7月20日(ユリウス暦686年8月14日)に朱鳥と定められ、32年ぶりに再開された。しかし同年9月9日(ユリウス暦10月1日)に天武天皇が崩御すると、早くも翌年より用いられなくなり、以後15年にわたって一時途絶する。 典拠 — 『礼記』曲礼 勘申者 不明。 朱鳥期におきた出来事 朱鳥元年(686年) 07月20日:朱鳥に改元する。 07月00日:宮号を飛鳥浄御原宮と定める。 07月00日:天皇のために諸王臣等、観世音像を造る。観世音経を大官大寺で読経する。 09月09日:天武天皇崩御。 10月03日:大津皇子が謀反の疑いをかけられ自害させられる。 西暦との対照表 朱雀 「万葉集」、「日本霊異記」などには、朱鳥4年、6年、7年、8年などが見える。

あすか

概要 (Wikipediaから引用)

あすか(飛鳥、明日香、阿須賀、安宿、アスカ、ASUKA、ASKA) 日本の地方公共団体(村)名。 ⇒ 奈良県高市郡明日香村。 スウェーデンの地方公共団体(百戸村)名。 ⇒ エステルイェトランド県アスカ村 (w:Aska Hundred Aska härad)。アスカ (Aska) とはスウェーデン語で灰の意。 日本の地名。 飛鳥 - 現在の奈良県高市郡明日香村周辺の地域。遠つ飛鳥、大和飛鳥とも呼ばれる。 飛鳥 (大阪府) - 現在の大阪府羽曳野市飛鳥周辺の地域。近つ飛鳥、河内飛鳥とも呼ばれる(※「遠つ」「近つ」は、当時皇居 宮 (都、日本の首都 首都) が置かれた難波あたりからの距離により命名された区別名称)。 飛鳥地区 - 大阪府大阪市東淀川区の地区名 飛鳥 - その他、地名としての飛鳥 * 地番や住居表示による町名等での飛鳥 - 三重県熊野市飛鳥町、青森県青森市飛鳥、山形県酒田市飛鳥

安宿

概要 (Wikipediaから引用)

安宿王(あすかべおう、生没年不詳)は、奈良時代の官僚。父は長屋王、母は藤原不比等の娘藤原長娥子 長娥子。737年(天平9年)玄蕃寮 玄蕃頭、中務省 中務大輔などを歴任し、その後讃岐国 讃岐守、播磨国 播磨守を歴任。その間754年に唐の僧鑑真を迎えるための勅使に任じられた。757年(天平宝字元年)に橘奈良麻呂の乱で佐渡国 佐渡に流罪となる。その後許されて高階氏 高階真人姓を賜った。万葉集に歌が収録されている。 高階氏 飛鳥・奈良時代の皇族

阿須賀

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

アスカ

概要 (Wikipediaから引用)

『あすか』より : あすか(飛鳥、明日香、アスカ、ASUKA、ASKA、阿須賀、安宿、慧桜) 地名 日本 明日香 奈良県明日香村飛鳥 飛鳥 - 上記の奈良県明日香村周辺。 大阪府羽曳野市飛鳥 飛鳥(近つ飛鳥) - 大阪府羽曳野市東部・太子町周辺⇒河内飛鳥 飛鳥時代 - 日本の6世紀の終わり頃から8世紀初頭を指す時代区分。 飛鳥駅 - 奈良県高市郡明日香村にある近畿日本鉄道吉野線の鉄道駅。 青森県青森市飛鳥 青森県三戸郡南部町大向飛鳥 山形県酒田市飛鳥 岩手県二戸市浄法寺町飛鳥 宮城県名取市高舘熊野堂飛鳥 三重県熊野市飛鳥町阿須賀 和歌山県新宮市阿須賀町安宿 広島県東広島市豊栄町安宿 スウェーデン エステルイェトランド県アスカ村(Aska härad) インド オリッサ州アスカ 乗り物 あすか 列車 近畿日本鉄道(近鉄)がかつて運転していた特急の愛称。