「あずまえびす」とは?

言葉 詳細
東夷

概要 (Wikipediaから引用)

『夷』より : 東夷(とうい)は、古代中国東方の異民族の総称で、四夷の一つである。夷(い)。 「夷」という漢字は「大」な「弓」と書いて、好戦的な民族として、蔑んだ意味合いを込めている。 本来は古代中国の東に位置する山東省あたりの人々に対する呼び名であったが、秦以降は朝鮮半島、日本列島などに住む異民族を指すようになった。後に日本でも異民族を意味する「エビス」という語と一体化し、朝廷(京)から見て東国や蝦夷の人々のことを「東夷(あずまえびす・とうい)」「夷(い・えびす)」と呼んだ。 中国での用法 黄河流域では、ほかの地域に先んじて文明が発達した。黄河文明の担い手であった漢民族は、周辺の諸民族を文化的に劣ったものとして見下した。漢民族は、自らを「華夏」と呼び、周辺の諸民族を「東夷」「北狄」「西戎」「南蛮」と呼んでいた。 東夷とよばれた民族・国家 後漢書東夷伝によると 江蘇省,山東省付近(太字は九夷)畎夷,于夷,方夷,黄夷,白夷,赤夷,玄夷,風夷,陽夷,嵎夷,藍夷,徐夷,淮夷,泗夷中国東北部,朝鮮半島,日本列島夫餘国,高句麗,東沃沮,北沃沮,肅慎氏(挹婁),濊,韓(三韓),倭人(倭国),百済国,加羅国,勿吉国(靺鞨),失韋国(室韋),豆莫婁国,地豆于国,庫莫奚国(奚),契丹国,烏洛侯国,裨離国,養雲国,寇莫汗国,一群国,新羅,琉求国(流求国),日本国,流鬼 昔、堯が羲仲(ぎちゅう)に命じて嵎夷(ぐうい)に住まわせた。