「あずまや」とは?

言葉 詳細
東家

概要 (Wikipediaから引用)

東家 嘉幸(とうや よしゆき、1927年10月1日 - 2006年1月26日)は、日本の政治家。自由民主党衆議院議員。位階勲等は従三位勲一等。 熊本県熊本市南区(旧:下益城郡城南町)出身。1950年に熊本県農技員養成所を修了する。荷揚げ人夫など様々な職業を経験した後、1957年、板金製造業の東南産業を興し社長となる。1979年、第35回衆議院議員総選挙に立候補し初当選。以後当選回数7回。自民党では宏池会に所属し、比較的高級官僚出身者が多い宏池会では数少ない党人派であった。 建設政務次官、衆議院建設委員長などを歴任した建設族議員で、その経歴から「熊本の角さん」と呼ばれた。1991年、宮沢内閣では国土庁長官として初入閣。 1998年に勲一等瑞宝章を受章。同年、宮沢喜一から加藤紘一へと派閥会長交代の流れが強まるに当たって、石川要三、相澤英之、麻生太郎らと派閥を離脱。翌1999年に無派閥となっていた河野洋平を中心に河野グループを結成するが、同年、体調不良が原因で任期途中で議員を辞職した。

東屋

概要 (Wikipediaから引用)

東屋(あずまや、ひがしや) 四阿 - 庭園に設置される建屋。 東屋 (源氏物語) - 『源氏物語』五十四帖の巻の一つ。第50帖。 東屋旅館 - 、旅館名称の1つ。 日本人の姓の1つ。東屋三郎、東屋五郎など。

四阿

概要 (Wikipediaから引用)

四阿(あずまや、しあ)、東屋(あずまや)とは庭園などに眺望、休憩などの目的で設置される簡素な建屋。「四阿」の「阿」は棟の意味で、四方に軒を下ろした寄棟、宝形造などの屋根を持つ建造物を意味する。唐風に「亭」(ちん)とも呼ばれる。和語の「あずまや」は東国風の鄙俗な建屋を意味する。 構造 柱だけで壁面をほとんど持たないか、持っていても簡素な造りのものが多い。開放的で眺望に優れるため、大名庭園や神苑、池の畔などに休憩所として設営された。屋根は寄棟など四方に軒を下ろしたもののほか、六角形や八角形の屋根を持つ宝形造のものが多く見られる。中国では寄棟造を「四阿頂」という。 風景を楽しむ場所のみならず、建物それ自体が庭園の風景にとけ込み、意匠として風景に雅趣を加えることもある。屋根は藁葺き、茅葺き、板葺きが多いが、瓦葺きや桧皮葺きの屋根を持つものもある。広さは4~5人が入れる程度のものであり、座席や欄干を設けることもある。 現代建築としては、公園や観光地に設置される西洋風の四阿(英語で「ガゼボ」という)が馴染み深い。

あずま屋

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。