「あせ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

汗(あせ)は、哺乳類が汗腺から分泌する液体。塩分を含む。99.9%は水分。主に暑い時や興奮状態の時に体温を下げるために分泌される。トウガラシなどカプサイシンを含むものを食べた時にも発汗が促される。興奮したときの発汗は進化的には滑り止めの役割をしていたと考えられている。汗自体は無臭であるが、皮膚に生息する細菌類が汗の成分を分解し、悪臭を発するようになる。ただし、全ての哺乳類が汗をかくわけではない。イヌやオオカミといったイヌ科の動物には汗腺がなく(厳密に言えば四肢の裏側に汗腺を持つが非常に小さなものである)、長い舌を垂らして激しく呼吸する事で舌に付着したよだれを汗の代わりに蒸発させて体温調整を行っている。ゾウやウサギなどは長い耳で風を起こして耳やその周辺に集中した血管の温度を下げる事で体温調整を行っている。

褪せる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あせる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

焦る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。