「あせび」とは?

言葉 詳細
阿瀬比

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

汗干

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

アセビ

概要 (Wikipediaから引用)

アセビ(馬酔木、学名: Pieris japonica subsp. japonica)は、ツツジ科アセビ属の常緑低木。日本に自生し、観賞用に植栽もされる。別名あしび、あせぼ。 馬酔木の名は、「馬」が葉を食べれば毒に当たり、「酔」うが如くにふらつくようになる「木」という所から付いた名前であるとされる。 形態・生態 樹高は1.5mから4mほどである。 葉は楕円形で深緑、表面につやがあり、枝先に束生する。 早春になると枝先に複総状の花序を垂らし、多くの白くつぼ状の花をつける。園芸品種にピンクの花を付けるアケボノアセビなどがある。 果実は扇球状になる。 分布 日本の本州、四国、九州の山地に自生する。やや乾燥した環境を好む。 多くの草食哺乳類は食べるのを避け、食べ残される。そのため、草食動物の多い地域では、この木が目立って多くなることがある。たとえば、奈良公園では、シカが他の木を食べ、この木を食べないため、アセビが相対的に多くなっている。逆に、アセビが不自然なほど多い地域は、草食獣による食害が多いことを疑うこともできる。

あせび

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

馬酔木

概要 (Wikipediaから引用)

馬酔木 あせび、あせぼ アセビ - ツツジ科の低木。有毒。 あしび (同上) 馬酔木 (短歌雑誌) - 短歌雑誌。根岸短歌会の機関誌。1903年 - 1908年 馬酔木 (雑誌) - 俳句雑誌。前身誌から1928年に改題。 ばすいぼく バスイボク (生薬) - アセビを生薬として用いる場合の呼称。