「あたえ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

『与謝野晶子』より : 与謝野 晶子(正字: 與謝野 晶子、よさの あきこ、1878年(明治11年)12月7日 - 1942年(昭和17年)5月29日)は、日本の歌人、作家、思想家。 本名与謝野 志よう(よさの しょう)。旧姓鳳(ほう)。ペンネームの「晶子」の「晶」は、本名の「しょう」から取った。夫は与謝野鉄幹(与謝野寛)。 1921年(大正10年)、夫・鉄幹と共に文化学院創設。 鳳志ようは、堺県和泉国第一大区甲斐町(現在の大阪府堺市堺区甲斐町西1丁)で老舗和菓子屋「駿河屋」を営む、父・鳳宗七、母・津祢の三女として生まれた。家業は没落しかけており、3人目の女の子であったため両親から疎まれて育つ。 実の兄にはのちに電気工学者となる鳳秀太郎がいた。9歳で漢学塾に入り、琴・三味線も習った。堺市立堺女学校(現・大阪府立泉陽高等学校)に入学すると『源氏物語』などを読み始め古典に親しんだ。また兄の影響を受け、「十二、三のころから、『柵草紙』(後には『めざまし草』)『文学界』や紅葉、露伴、一葉などの小説を読むのが一番の楽しみ」(『明星』1906年年5月)であった。

能う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

與える

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

与える

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あたう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あたえる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。