「あたた」とは?

言葉 詳細
阿多田

概要 (Wikipediaから引用)

阿多田島(あたたじま)は、瀬戸内海の島。有人島である。 地理 安芸の宮島(厳島)の南5km、本州広島県大竹市から南東約8.5kmに位置する。北東に隣接するのが猪子島で防波堤兼橋梁を介して繋がっている。全島域が〒739-0607大竹市阿多田。地理的には山口県岩国港が近いが、渡航できるのは大竹港(小方港)のみ。 面積2.41km2、周囲11km(2010年度)。ほぼ山で最高峰は高山204m、次が観音山116m。地質はほぼ花崗岩。 気候は瀬戸内海式気候。島の名である阿多田の由来は「あたたかい」が訛ったとする説もある。 主要産業は漁業。イワシ網漁業(ちりめんじゃこ・いりこ)と、ハマチ・タイ・カキなどの養殖業が有名で、県内でも有数の漁獲量を誇る。古くからイワシ漁で栄え、近年から始まったハマチ養殖は県内ではここだけで行われており産学連携で展開されている。第1次産業従事者は全員漁業従事者で、第2次産業従事者はこれに関連した加工場に勤めており、島の産業は水産業に偏っている。