「あつ」とは?

言葉 詳細
阿津

概要 (Wikipediaから引用)

阿津賀志山防塁(あつかしやまぼうるい)は、福島県伊達郡国見町にある平安時代末期の防塁跡である。二重の堀と三重の土塁で形成されていることから「阿津賀志山二重堀」(あつかしやまふたえぼり)ともいわれる。国の史跡に指定されている。 この防塁は、宮城県との県境に接し、福島盆地の北端に位置する標高289メートルの阿津賀志山(現・厚樫山)の南麓から、約4キロメートル南下して阿武隈川に近い地点までの田園地帯に所在する。この一帯には、今日も「阿津加志山」「大木戸」「国見」のほか、「堤下」「中島」「遠矢崎」「段ノ越」「上二重堀」「下二重堀」「石田」「元木(もとぎ、本城・元柵)」など軍事施設のあったこと、あるいは、軍事拠点であったことをしのぶ地名が南北に連なる。 文治5年(1189年)の阿津賀志山の戦いの際に、阿津賀志山一帯に立て籠もる奥州藤原氏(大将・藤原国衡)の防御施設として使用された。阿津賀志山中腹から阿武隈川まで約4キロメートルの距離であったと推定され、源頼朝の軍勢が奥州へ攻め入ることを想定して事前に奥州藤原氏が築いていたと思われる。

厚保

概要 (Wikipediaから引用)

厚保駅(あつえき)は、山口県美祢市西厚保町本郷字猪喰にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)美祢線の駅。難読駅名でもある。 1905年(明治38年)9月13日 - 山陽鉄道の厚狭駅 - 伊佐駅(現在の南大嶺駅) - 大嶺駅間開業と同時に設置。 1906年(明治39年)12月1日 - 山陽鉄道の国有化により、国有鉄道の駅となる。 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定。大嶺線の所属となる。 1924年(大正13年)3月23日 - 線路名称改定。大嶺線が美禰線(1963年より美祢線と表記)の一部となり、当駅もその所属となる。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道が継承。 2010年(平成22年)7月15日 - 大雨による厚狭川氾濫で橋梁や路盤が流失、全線不通となり、営業休止。 2011年(平成23年)9月26日 - 全線開通により、営業再開。 2013年(平成25年)4月1日 - 駅舎を改装、地域交流ステーション開設。 駅構造 相対式ホーム2面2線で、交換設備を有する地上駅。

アツ

概要 (Wikipediaから引用)

『ユッカ』より : ユッカ(学名:Yucca)は、リュウゼツラン科イトラン属(ユッカ属)の植物の総称。英語ではyucca(ヤッカ)。ユッカという名前は、初期にカリブ諸島でユカ(Yuca)と呼ばれるキャッサバと混同したために付けられた名前である。 イトラン属(ユッカ属)の種は同じリュウゼツラン科のリュウゼツランと形態が似通っている。ユッカは常緑の多年生植物で多くは低木であるが、中には樹高10メートルを超すものもある。葉は放射状(ロゼット)に生え、多くの種では、葉は硬く厚みがあり、形状は剣状で先が針のように硬く尖り、縁にノコギリ状の歯があり取り扱いには注意を要する。この葉の特徴から多くの種の通称に銃剣(bayonet)、短剣(dagger)、剣(Sword)、針(needle)等と名付けられている。多くの種は乾燥地帯のある程度標高の高い所で自生する。いずれも長い花茎を伸ばし多くの白から乳白色の花をつける。主な原産地はメキシコを含む北米である。 ユッカは虫媒花で昆虫との相利共生関係にある。ユッカの花の雌しべと雄しべは離れており、自然には受粉しない、ユッカ蛾により受粉し、ユッカ蛾は花に産卵する。

概要 (Wikipediaから引用)

『ドラえもんの道具 (ああ-あと)』より : ドラえもんのひみつ道具 (ああ-あと) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「ああ」から始まるものから「あと」で始まるものまでを列挙する。 あいあいパラソル あいあいパラソルは、「あいあいパラソル」(てんとう虫コミックス12巻に収録)に登場する。 和傘を象った道具。相合傘をするように、この傘の下に2人が入ってから5分経つと、向かって左側の人が右側の人を猛烈に好きになる。つまり、自分が右、片思いの相手を左に入れると相思相愛になれる。5分たったら取り返しがつかないので注意が必要。異性だけでなく同性でも効果がある。このエピソードの巻末のおまけカットでは、パラソルを持って壁の前に立つのび太が、壁に落書きされた「へのへのもへじ」に好意を持たれるというイラストが描かれていた。 あいあいガサ テレビアニメ第2作第1期での名称。 テレビアニメ第2作第2期「おかしなおかしなかさ」(2005年6月24日放送)でも同名の道具が登場するが、そちらについてはドラえもんのひみつ道具 (おあ-おこ)#おかしな傘を参照。

あつい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

熱い

概要 (Wikipediaから引用)

『さんまのSUPERからくりTV』より : 『さんまのSUPERからくりTV』(さんまのすーぱーからくりてれび)は1996年4月21日から東京放送 TBSで放送されているクイズ番組・バラエティ番組である。明石家さんまが司会をつとめる冠番組である。スタジオ映像のみハイビジョン制作。ステレオ放送・字幕放送を行っている。前番組「さんまのからくりTV」(19:00-19:30の30分番組)を拡大する形でスタート。その名残で、前半30分は武田薬品工業を中心に構成したタケダグループの単独で、後半は、タケダグループ以外の複数社がそれぞれスポンサーとなっている。一部地域では再放送も行われている系列局がある。「スタジオ回答者にVTRを途中まで見せ、その後どういう事態が生じたかを当てる」というのが番組の基本的な形で通常問題は4問ある(ちなみに2問~3問目の合間にごくまれにこれからの同番組の今後の方針などの番組宣伝をすることもある)。問題の際には、会場客に先に答えを見せて反応を見る。その後、出場者の回答へと向ける(但し、コーナーに出演している回答者は答えを知っているので最初の解答権はなし)。最終問題終了で一番点数の多い回答者がトップ賞を獲得し商品獲得クイズ「からくりチャンス」への挑戦権を得る。解答に対する明石家さんまの反応が優勝への行方を左右する(これは、不正解の場合でも面白ければ様々なマスコットがもらえ得点に換算されるため)。正解が出るまで続きのVTRが出せないので、なかなか正解が出ないときはさんまが解答者に正解ぎりぎりの所までヒントを教えてしまうこともあれば、近いと思った回答に自ら修正を加えて正解にすることもある(半ば強引に正解にこじつけることも多い)。

厚い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

篤い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

暑い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。