「あつこ」とは?

言葉 詳細
惇子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

温子

概要 (Wikipediaから引用)

アクエリTV(アクエリティーヴィー)は2004年10月1日から2013年2月19日まで、音泉とBEWEで配信されていた「アクエリアンエイジ」(以下、アクエリ)と連動のインターネットラジオ番組。内容は前番組の『浪川大輔と新谷良子のカオシック×アクエリアンナイト』から継承している。2010年3月30日までのタイトルは『温子と隼人のアクエリ放送局』(あつことはやとのアクエリほうそうきょく)。 パーソナリティー 榎本温子 伊東隼人 アシスタント 近藤佳奈子 廣田詩夢 その他 = スタッフ兼アクエリ対戦者 = やまけん メガネドットコム(AD・中曽聡太郎) T氏(アクエリプロデューサー・寺田雄次郎) 放送 2004年10月1日~2005年10月28日(#1~#57) 地上波のラジオ関西で毎週金曜(26:30~27:00)にBroccoli The Night内で放送 (→地上波の後番組は「ラジオトゥルーティアーズ るいと穂香の瑞鳳学園放送部(T_T)」) 音泉では本放送より5日後の毎週水曜日に配信されていた。

貴子

概要 (Wikipediaから引用)

『島津貴子』より : 島津 貴子(しまづ たかこ、1939年(昭和14年)3月2日 - )は、日本の元皇族。昭和天皇と香淳皇后の第五皇女。旧名は、清宮 貴子内親王(すがのみや たかこないしんのう)。お印は橘。 今上天皇と常陸宮正仁親王の妹にあたる(7人きょうだいの末子)。勲等は勲一等。 学習院大学文学部イギリス文学科在学中の1960年(昭和35年)3月10日、日本輸出入銀行員で香淳皇后の従兄弟、そして長兄・明仁親王の学友でもあった島津久永と結婚し皇籍を離脱。大学は中退した。ペレス・プラード楽団のファンであったことが知られ、同楽団はご成婚の折に「プリンセス・スガ」という曲を作っている。 結婚会見での明るい様子が新しい時代を感じさせるもので、今なお名会見と言われる。またこの直前の誕生日会見の際の「私の選んだ人を見て下さって…」は当時の流行語となり、この言葉をきっかけに恋愛結婚が増えるようになった。結婚後は世田谷区の新居に野次馬が詰めかけるなどブームを作った。 1963年(昭和38年)10月26日、貴子を誘拐し身代金5千万円を要求しようとした男が逮捕される「島津貴子誘拐未遂事件」が発生(同年11月21日までに犯人グループは逮捕)。

篤子

概要 (Wikipediaから引用)

篤子内親王(とくしないしんのう、康平3年(1060年) - 永久2年10月1日(1114年10月30日))は、第71代後三条天皇の第4皇女。母は滋野井御息所藤原茂子(藤原能信養女)。同母兄に白河天皇。賀茂斎院、のち堀河天皇の皇后(中宮)。 生涯 康平5年(1062年)に3歳で母茂子と死別、その後は祖母陽明門院のもとで養われる。治暦4年(1068年)、父の後三条天皇の即位により内親王宣下。延久元年(1069年)6月、三品に叙される。同5年(1073年)3月11日、斎院に卜定されたが、同年5月7日、父上皇の崩御により在任2ヶ月弱という歴代斎院中最短期間で退下した。承暦3年(1079年)准三宮。寛治5年(1091年)10月、関白藤原師実の養女として、甥の堀河天皇に入内、女御の宣旨を受ける。同7年(1093年)2月、中宮に冊立される。嘉承2年(1107年)7月、夫の堀河天皇が崩御、同年9月に出家。永久2年(1114年)没。享年55。 斎院退下ののちひっそりと暮らしていた篤子内親王は、30歳近くになってからの縁談、しかも相手が19歳も年下の甥であることを恥ずかしがったという。

アツ子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あつ子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

亜津子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

淳子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

敦子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

安津子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

厚子

概要 (Wikipediaから引用)

『池田厚子』より : 池田 厚子(いけだ あつこ、1931年3月7日 - )は、日本の元皇族。昭和天皇と香淳皇后の第四皇女。旧名、順宮 厚子内親王(よりのみや あつこないしんのう)。池田隆政夫人。今上天皇・常陸宮正仁親王の姉にあたる。伊勢神宮神職である神宮祭主。勲等は勲一等。 生い立ち 1936年(昭和11年)より、両親の元を離れ呉竹寮で姉妹と共に養育される。学習院初等科・女子学習院(在学中に新学制により学習院女子中等科・学習院女子高等科となる)を経て、学習院女子短期大学文科に入学。2年次に家庭生活科に転科し、同科を卒業。 1951年(昭和26年)5月2日、中国・四国地方を訪問した際に岡山市の後楽園荒手茶寮にて池田隆政と面会。その後、6月末に正式に見合いの場が設けられて婚約が内定。仲人にあたったのは松平康昌。 同年5月17日に貞明皇后が崩御してから2か月足らずの時期であったが、昭和天皇は、第1期の服喪期間の50日間が過ぎた7月10日、田島道治・宮内庁長官に命じて順宮厚子内親王と隆政との婚約が内定した旨を公式に発表させた。

阿津子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。