「あつぞこ」とは?

言葉 詳細
厚底

概要 (Wikipediaから引用)

厚底靴(あつぞこくつ)は、靴の分類の一種。 厚底靴の特徴として一般のハイヒールとは異なり、踵だけでなくつま先にも厚みがあるということである。一般に日本国内で市販されているハイヒールの多くがヒール10cm以下のものが大半であるのに対し(海外では12.7cm=5インチのものが多い)、1990年代後半の流行(後述)では15cm以上のものが多く市販された。海外では20cmを越えるヒールを持つ靴も販売されており、これらは日本国内であってもインターネット等を用いて購入することが出来る。 起源 海外における歴史 古代ギリシアの劇場に登場する重要人物を目立たせる為に使われた。その後は日本の花魁のように16世紀のベニスで高貴な生まれの男娼や高級娼婦を目立たせるのに使われた。18世紀のヨーロッパでは裏道の泥や汚物を避けるのに履いていた。古代中国での京劇でも使われていた。満州の貴族が使っていた厚底靴のスタイルは、1590年代のヨーロッパで流行した。 日本における歴史 日本における代表的な厚底靴として三枚歯の花魁下駄がある。