「あてな」とは?

言葉 詳細
あて名

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

宛名

概要 (Wikipediaから引用)

宛名書き(あてながき)とは、ハガキや封筒に送り先の住所氏名等を記述する行為のこと。宛名のコンピュータ印字が高効率な手段として取り入れられる反面、手書きによる宛名書きは人間的な温もりを伝える手段としてこだわりをもって使用される。結婚式への招待状、法人企業が発送する挨拶状などには毛筆による手書き宛名書きが採用されることが多い。ダイレクトメールの送り先住所氏名を手書きで封筒に記入するのが名目の内職商法。受託者は、委託業者との契約にあたって、業務手数料・保証料などとして数万円程度の負担を求められる。その後、名簿を渡され、その名簿に記載された住所氏名を手作業で封筒の表書きとして転記する。報酬は、そのダイレクトメールの受取人が実際にそのダイレクトメールをもとに商品を購入した実績により、支払われるものとされる。

アテナ

概要 (Wikipediaから引用)

アテーナー(古典ギリシア語:Ἀθηνᾶ, Athēnā、イオニア方言:Ἀθήνη, Athēnē アテーネー、ドーリス方言:Ἀθάνα, Athana アタナ、叙事詩体:Ἀθηναίη, Athēnaiē アテーナイエー)は、知恵、芸術、工芸、戦略を司るギリシア神話の女神で、オリュンポス十二神の一柱である。アルテミス、ヘスティアーと並んでアプロディーテーの神力を及ぼさないギリシア神話の三大処女神として著名である。 女神の崇拝の中心はアテーナイであるが、起源的には、ギリシア民族がペロポネーソス半島を南下して勢力を伸張させる以前より、多数存在した城塞都市の守護女神であったと考えられている。ギリシアの地に固有の女神だが、ヘレーネス(古代ギリシア人)達は、この神をギリシアの征服と共に自分たちの神に組み込んだのである。 日本語では主に長母音を省略してアテナ、アテネと表記される場合が多い。 都市守護神 アテーナーは、古くからギリシアの地にあった城塞都市にあって、「都市の守護女神」として崇拝されて来た。