「あぱるとへいと」とは?

言葉 詳細
アパルトヘイト

概要 (Wikipediaから引用)

アパルトヘイト(Apartheid)とは、アフリカーンス語で「分離、隔離」の意味を持つ言葉で、特に南アフリカ共和国における白人と非白人(黒人、インド、パキスタン、マレーシアなどからのアジア系住民や、カラードとよばれる混血民)の諸関係を規定する人種隔離政策のことを指す。 かねてから数々の人種差別的立法のあった南アフリカ共和国において1948年に法制として確立され、以後強力に推進されたが、1994年全人種による初の総選挙が行われ、この制度は撤廃された。(ただし導入当初から批判的な者は国内外に存在していた。詳細は#反対運動から政策撤廃までを参照) アパルトヘイト前 元々はボーア戦争以来、統治側のイギリス人とアフリカーナー(オランダ系入植者の子孫)が激しく対立していたことに対する緩和策のひとつであった。アフリカーンスの多くはイギリス系に対し経済的な弱者となり、「プア・ホワイト」と呼ばれる貧困層を形成していた。これら白人貧困層を救済し白人を保護することを目的に、さまざまな立法がおこなわれてきた。