「あびこ」とは?

言葉 詳細
阿彦

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

我孫子

概要 (Wikipediaから引用)

我孫子(あびこ)は、日本の地名、また姓。 我孫子市 - 千葉県にある市。 我孫子駅 (千葉県) - 我孫子市にある常磐線・成田線の駅。 我孫子 (我孫子市) - 我孫子市の町丁。我孫子駅の北側にあたる。 我孫子宿 - 現在の我孫子市にかつて存在した宿場町。 我孫子 (大阪市) - 大阪府大阪市住吉区の地区名。我孫子観音寺(大聖観音寺)で知られる。 我孫子駅 (大阪府) - 住吉区にある大阪市営地下鉄御堂筋線の駅。姓 我孫子武丸 - 推理作家(ペンネームで本名・出自には関連はない)。 我孫子智美 - 陸上競技選手(2012年ロンドンオリンピック出場) その他 中国語では「私の(男の)孫」という意味の言葉になる。固有名詞として使われる言葉ではない。更に、この言葉を他者への呼びかけに用いると侮蔑の意味合いが含まれることがあるため、上記の我孫子智美が中国で開催されたアジア大会に出場した際には名前への驚きをもって注目された[1][2]。

安孫子

概要 (Wikipediaから引用)

『藤子不二雄A』より : 藤子 不二雄Ⓐ(ふじこ・ふじお・エー(エイ)、本名:安孫子 素雄(あびこ もとお)、1934年3月10日 - )は、日本の漫画家。大垣女子短期大学客員教授。座右の銘は「明日にのばせることを今日するな」。 藤本弘(藤子・F・不二雄)とともに藤子不二雄としてコンビを組み、作品を発表した。 曹洞宗49代目住職の息子として、富山県氷見郡氷見町(現:氷見市)の光禅寺という古刹に生まれるが、1944年に父を亡くして高岡市に転居し、転入先の高岡市立定塚国民学校(現・定塚小学校)で藤本弘と知り合う。小学校時代から漫画家を志し、富山県立高岡高等学校在学中、1951年に毎日小学生新聞でデビュー。 高校卒業後、1952年に、伯父が専務を務める富山新聞社に入り、学芸部と社会部で似顔絵やインタビュー記事を担当。1954年、藤本に誘われる形で新聞社を退社。藤本と共に漫画家となるために上京する。後がない藤本と違って(藤本は製菓会社をすぐに退社した)、安定したサラリーマン生活がある安孫子は新聞社に未練があったと語っており、会社に好意を抱いていた後輩社員がいたのもその理由である。