「あぶな」とは?

言葉 詳細
あぶない

概要 (Wikipediaから引用)

『あぶない刑事』(あぶないデカ)は、1986年10月から1987年9月にかけて日本テレビ系列で放送された連続テレビドラマ。その後、映画、テレビスペシャルなどのシリーズ展開が行われた。略称は『あぶデカ』。 横浜・港警察署捜査課の刑事コンビ、鷹山敏樹(タカ、舘ひろし)と大下勇次(ユージ、柴田恭兵)の破天荒な活躍を描くサスペンスアクション。スタイリッシュな台詞回しや都会的なファッション性、コメディ調の演出などを前面に出し、足掛け30年に渡ってテレビシリーズ、劇場映画など累計80作品以上が製作される人気シリーズとなった。基本的には一話完結型だが、シリーズの横軸として、広域暴力団「銀星会」との抗争も描かれている(後述)。テレビシリーズでは、各回につけられるサブタイトルは必ず二字熟語となっている。 1980年代 1986年10月、テレビシリーズ第1作となる『あぶない刑事』が(毎週日曜夜9時)放送開始。当初は2クール(半年間)で終了の予定だったが、回を重ねるごとに注目を集め、さらに2クール(半年間)延長。

危ない

概要 (Wikipediaから引用)

『危ないダンディー』(あぶないダンディー)は、2003年4月3日から2004年3月25日までBS-i (現・BS-TBS)で放送されたトーク番組。全51回。放送時間は毎週木曜 22:00 - 22:54 (JST) 。 40代から60代までの中年男性層をターゲットにした番組で、女性司会者2人がゲストの男性タレントから人生の指針にしていることや彼らならではの遊びなどを聞き出すというものだった。ゲストには野田義治や井筒和幸、内田裕也や哀川翔などの番組公式サイト曰く「不良中年」タレントを多く招いていたことから、毒舌トークもよく飛び出していた。 この番組は、本編を10回放送した後に総集編を3回続けて放送するというスタイルを採っていた。そのため、番組は51回にわたって放送されたが、本編はそのうちの40回しか放送されていなかった。また、3回続けて放送する総集編のうち、2回は本編5回を54分にまとめたダイジェストを、1回は本編10回の中から特定のテーマに沿うシーンのみを選り抜いたダイジェストを放送するというのが定番になっていた。