「あほ」とは?

言葉 詳細
阿保

概要 (Wikipediaから引用)

阿保 剛(あぼ たけし)は、日本のゲームミュージックの作曲家である。1990年代中頃より株式会社KID (ゲームブランド) KIDのサウンドスタッフとして、同社が発売した多数の恋愛アドベンチャーゲームの音楽、効果音を担当した。2006年12月にKIDが倒産した後、株式会社5pb.に入社。同社の音楽関連の活動に携わる。 ピアノの音色を多用するスタイルを取っている。また、ゲームミュージックとしては珍しく、1曲あたりの演奏時間が比較的長め(3~4分)の作品が多い。 英国のポップスやダンスミュージックの影響を色濃く受けている音作りだが、日本のゲームサウンドとしては比較的珍しい作風を貫いていると言え、完成度も高い。 音楽制作ソフトはPropellerhead社のReasonおよびヤマハ YAMAHA社のCubaseを愛用。近年のプレイステーション2作品では、Reasonで制作したものをストリーミングで演奏しているものがほとんどである。

阿呆

概要 (Wikipediaから引用)

阿呆(あほう、あほ)とは、日本語で愚かであることを指摘する罵倒語、侮蔑語、俗語。近畿地方を中心とした地域でみられる表現で、関東地方などの「馬鹿」、愛知県などの「タワケ」、石川県などの「ダラ」に相当する。また、成績がとても悪いという意味もある 阿呆の使われる状況 阿呆は馬鹿とともに日本語の口頭語で良く使われる表現であるが、阿呆と馬鹿はまったく同じ言葉ではない。例えば、「学者馬鹿」のような用法は阿呆にはない、馬鹿を強調語として使う場合「馬鹿でかい」「馬鹿にでかい」のように言うが、阿呆を強調語として使う場合「阿呆ほどでかい」のように言う、などの用法の違いがある。 阿呆と馬鹿では受け取られるニュアンスに地域差がある。関東など「馬鹿」を常用する地域の人に「阿呆」と言うと、「馬鹿」よりも侮蔑的であると受け取られる場合がある。逆に関西など「阿呆」を常用する地域の人に「馬鹿」と言うと、「阿呆」よりも尊大に見下されたと受け取られる場合がある。 阿呆を用いた複合語としては、罵倒語には「どあほう」や「あほたれ」、「あほんだら」がある。

アホ

概要 (Wikipediaから引用)

アホ 阿呆(あほ、あほう) - 『馬鹿』の類義語。近畿地方を中心に使用される。 アホ (アリゾナ州) (Ajo)- アメリカ・アリゾナ州の町。 フィンランド系の姓(Aho)。草原・牧草地といった意味を持つ。 エスコ・アホ - フィンランドの政治家、元首相。 カレヴィ・アホ - フィンランドの作曲家。 ユハニ・アホ - フィンランドの小説家。 ヨニ・アホ - フィンランドのサッカー選手。 スペイン語でニンニクの意味。(ajo) ソパ・デ・アホ - スペイン風ニンニクスープ。 英賀保駅の電報略号。 青森駅の旧電報略号。現在は「アオ」を使用。 関連項目 AHO エイホ。