「あまがせ」とは?

言葉 詳細
天瀬

概要 (Wikipediaから引用)

『日田市』より : 天瀬町(あまがせまち)は、大分県西部の日田郡北東部にあった町。2005年3月22日に前津江村、中津江村、上津江村、大山町とともに日田市へ編入合併し、行政地域としては消滅した。 1955年(昭和30年) - 馬原村・中川村・五馬村が合併して栄村となる 1966年(昭和41年)4月1日 - 町制施行し天瀬町となる 2005年(平成17年)3月22日 - 前津江村・中津江村・上津江村・大山町とともに日田市へ編入合併 交通 最寄り空港は福岡空港。 鉄道 九州旅客鉄道久大本線 天ヶ瀬駅 道路 = 高速道路 = 大分自動車道 天瀬高塚インターチェンジ = 一般国道 = 国道210号 = 県道 = 主要地方道 大分県道・熊本県道12号天瀬阿蘇線 大分県道54号玖珠天瀬線 名所・旧跡・祭事 天ヶ瀬温泉 湯ノ釣温泉 高塚愛宕地蔵尊 天瀬町農業公園ローズガーデン 一村一品 平松守彦元大分県知事が提唱した「一村一品運動」で、以下の特産品が天瀬町の「一村一品」に指定されていた。

天ヶ瀬

概要 (Wikipediaから引用)

天ヶ瀬ダム(あまがせダム)は京都府宇治市、一級河川・淀川本川中流部、通称宇治川と呼ばれる流域に建設されたダムである。 国土交通省近畿地方整備局が管理する国土交通省直轄ダムで、西日本屈指の大河川・淀川本流に建設された唯一のダム。高さ73.0メートルのアーチ式コンクリートダムで、淀川の治水と宇治市への上水道供給、総出力59万8,000キロワットにも及ぶ水力発電を目的とした特定多目的ダムである。現在ダム機能の強化を目的にバイパストンネル建設を柱とするダム再開発事業を計画中である。ダムによって形成された人造湖は鳳凰湖(ほうおうこ)と命名され、平等院鳳凰堂などと共に宇治地域の主要な観光地となっている。 沿革 淀川は大阪市・京都市といった日本屈指の大都市を貫流する極めて重要な水系であり、古来より治水・利水は間断なく繰り返されていたが、洪水も頻繁であり当時の為政者達の悩みの種でもあった。

天ケ瀬

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

尼ケ瀬

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。