「あまぜ」とは?

言葉 詳細
尼瀬

概要 (Wikipediaから引用)

尼瀬油田(あませゆでん)とは、新潟県出雲崎町に存在した油田。日本石油(現新日本石油)発祥の地。 付近の海岸線には、古くから油が漂着する事例が見られたことから、石油の存在が確認されていた。 1891年、石坂周造らによって日本で初めて機械による掘削が成功したことから石油産業発祥の地とされている。 その後、海面を埋め立て、世界初の海底油田として操業を行う油田も出現するなど、20世紀初頭の日本の石油資源を支える油田の一つとなった。 太平洋戦争前後から採掘量が激減。年間産出量20~30バレルにまで落ち込み、世界で1番小さな油田と言われた。また、戦時中はこの地域を初め多くの技術者が徴用され、ボルネオやインドネシアの日本軍の占領政策により油田技術工兵として兵役についた。