「あまだに」とは?

言葉 詳細
天谷

概要 (Wikipediaから引用)

天谷 直弘(あまや なおひろ 1925年8月31日 - 1994年8月30日)は、日本の官僚、エコノミスト。元資源エネルギー庁長官、元経済産業審議官 通商産業審議官、電通総研初代所長、松下政経塾評議員。福井市名誉市民。福井県吉田郡岡保村(現・福井市)出身。旧制福井中学(現・福井県立藤島高等学校)を卒業後、静岡高等学校 (旧制) 旧制静岡高校、東京大学法学部政治学科へと進学した。23歳の時の1948年、商工省(のちの経済産業省 通産省)に入省。入省同期に、矢野俊比古(通産事務次官、のち参議院議員)、金森久雄(日本経済研究センター理事長)、岸田文武、熊谷善二(特許庁長官)、黒田四郎(名古屋通産局長)など。1960年代の重化学工業化を提言した通産ビジョンに引き続いて、大臣官房企画室長のとき「1970年代の通商産業政策」を提言し、「知識集約型産業」構造のコトバを人口に膾炙させた。これに労働者福祉基準と環境基準を加え、この頃までの通産省は明確な国家戦略を打ち出していた。