「あみがさ」とは?

言葉 詳細
編笠

概要 (Wikipediaから引用)

編笠十兵衛(あみがさじゅうべえ)は、1997年の1月から3月にテレビ東京で放映された松竹制作の時代劇ドラマ。全12回。2009年現在、テレビ東京系列の月曜21時台で放送された最後のテレビドラマである。原作は「鬼平犯科帳」、「剣客商売」を書いた池波正太郎の同名の時代小説。元禄赤穂事件の誤った将軍の捌きを、将軍側近中根正冬の部下で、公儀隠密の資格を持つ月森十兵衛が中根を助けつつ裏で正していくというストーリー。元禄赤穂事件を題材にしているため、浅野家と吉良家の藩士も登場するが、浅野側だけでなく、吉良側の藩士の私生活にもスポットをあてたエピソードもあるのが本作の特徴。月森十兵衛は架空の人物だが、中根正冬(中根正盛の子。原作には正盛も登場する)は実在の人物である。