「あめ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

天(てん)は、東洋思想の世界観が生み出した概念である。古くから身近に存在しながら知り得ない宇宙を含めた世界の構造を仮想する場合に用いられている。この為、時代を経て伝来した西洋思想・宗教の概念を表すためにも利用されている。天という言葉には非常に多くの意味が付加されている。この世界全て、あるいは世界を統べる法則そのものであったり、あるいは自然の代名詞に使われたりと様々である。中国の思想では人間には全て天から一生をかけて行うべき命令(天命)が与えられており、それを実行しようとする物には天から助けを受け、天命に逆らう者は必ず滅ぶと考えられている。天は人間全ての動きを見ており、悪を行うものには天罰を善を行うものには天恵を与える。その時の朝廷が悪政を行えば天はこれを自然災害の形を取って知らせ、逆にこの世に聖天子(理想の政治を行う皇帝)が現れる前兆として、天は珍しい動物(麒麟など)を遣わしたり、珍しい出来事を起こして知らせると考えられていた。

概要 (Wikipediaから引用)

ファイル:22 Regen ubt.jpeg thumb 200px 降雨ファイル:Here comes rain again.jpg thumb 200px アスファルト上に降り水紋を作る雨雨(あめ)とは、空から水滴が落ちてくる天候のこと。また、その水滴。ファイル:Steigungsregen.jpg thumb 180px 冷たい雨の一例ファイル:Konvektionsregen.jpg thumb 180px 暖かい雨の一例}}大まかな成因は次の通り。大気中に含まれる水蒸気が、気温が下がったり上昇気流に運ばれたりすることで凝結して、細かな水滴(雨粒)でできた雲となり、雲の中で雨粒が成長し、やがて大きくなった雨粒が地上に落下することで、雨となる。地球上の多くの場所で起こる気象現象であるが、雪しか降らない南極・北極や高山地帯などの極寒地域では雨が降らない。降水量自体が少ない砂漠などの乾燥地域では、降らないに等しいくらい雨が極端に少ない地域もあるが、絶対に降らない地域は無い。

概要 (Wikipediaから引用)

飴(あめ)は、デンプンを糖化して作った甘い菓子、および、砂糖やその他糖類を加熱して熔融した後、冷却して固形状にしたキャンディなどを指す。固形の飴を固飴(かたあめ)、粘液状の飴を水飴(みずあめ)と呼び、大別する。 近畿地方を中心に、「飴ちゃん」、「飴さん」と親しみを込めた接尾語を伴って呼ばれる事がある。東北地方などでは「飴っこ」ともいう。現在日本国内における固形の『飴玉』の製造法は液状の水飴に砂糖など顆粒糖類を加糖して加熱熔解後、成形しながら冷却して固める方式が一般的である。 日本における起源 文献上は、神武天皇が大和の国を平定した際に、「大和高尾」の地で「水無飴」を作ったという記載が、『日本書紀』の「神武紀」にある。 われ今まさに八十平瓮をもちて、水無しにして飴を造らむこの「飴」は「たがね」と読む。『日本書紀』は神話であり、「神武天皇の時代」とされる紀元前7世紀については不明であるが、同書が編纂された720年(養老4年)には、既に飴が存在していたことになる。

あめ

概要 (Wikipediaから引用)

飴(あめ)は、デンプンを糖化して作った甘い菓子、および、砂糖やその他糖類を加熱して熔融した後、冷却して固形状にしたキャンディなどを指す。固形の飴を固飴(かたあめ)、粘液状の飴を水飴(みずあめ)と呼び、大別する。 近畿地方を中心に、「飴ちゃん」、「飴さん」と親しみを込めた接尾語を伴って呼ばれる事がある。東北地方などでは「飴っこ」ともいう。現在日本国内における固形の『飴玉』の製造法は液状の水飴に砂糖など顆粒糖類を加糖して加熱熔解後、成形しながら冷却して固める方式が一般的である。 日本における起源 文献上は、神武天皇が大和の国を平定した際に、「大和高尾」の地で「水無飴」を作ったという記載が、『日本書紀』の「神武紀」にある。 われ今まさに八十平瓮をもちて、水無しにして飴を造らむこの「飴」は「たがね」と読む。『日本書紀』は神話であり、「神武天皇の時代」とされる紀元前7世紀については不明であるが、同書が編纂された720年(養老4年)には、既に飴が存在していたことになる。

アメ

概要 (Wikipediaから引用)

『飴』より : 飴(あめ)は、デンプンを糖化して作った甘い菓子、および、砂糖やその他糖類を加熱して熔融した後、冷却して固形状にしたキャンディなどを指す。固形の飴を固飴(かたあめ)、粘液状の飴を水飴(みずあめ)と呼び、大別する。 近畿地方を中心に、「飴ちゃん」、「飴さん」と親しみを込めた接尾語を伴って呼ばれる事がある。東北地方などでは「飴っこ」ともいう。現在日本国内における固形の『飴玉』の製造法は液状の水飴に砂糖など顆粒糖類を加糖して加熱熔解後、成形しながら冷却して固める方式が一般的である。 日本における起源 文献上は、神武天皇が大和の国を平定した際に、「大和高尾」の地で「水無飴」を作ったという記載が、『日本書紀』の「神武紀」にある。 われ今まさに八十平瓮をもちて、水無しにして飴を造らむこの「飴」は「たがね」と読む。『日本書紀』は神話であり、「神武天皇の時代」とされる紀元前7世紀については不明であるが、同書が編纂された720年(養老4年)には、既に飴が存在していたことになる。

あめる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

編める

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

編む

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あむ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。