「あめや」とは?

言葉 詳細
飴屋

概要 (Wikipediaから引用)

飴屋 法水(あめや のりみず、1961年3月22日 - )は、日本の現代美術家、演出家、劇作家、アートパフォーマーである。動物商であったこともあり、Twitterのプロフィールには、自分の職業がわからないとも書いている。 山梨県甲府市生まれ。神奈川県育ち。神奈川県立小田原高等学校卒。高校の演劇部在籍中は安部公房、唐十郎の戯曲を演出。1978年(17歳)唐十郎の「状況劇場(紅テント)」に参加、5年間、音響を担当。1983年に独立し「東京グランギニョル」を旗揚げ。当時庭師であった嶋田久作やバイト先の同僚、ミュージシャンのコシミハルなど演劇未経験者を起用しながら、発語と音楽、物と身体を等価にあつかうような、その「残酷劇」は、当時の小劇場の中でも異質な存在として注目されるも、4作品で解散。 1987年、大崎の廃工場にアトリエを構え、美術家三上晴子との共同企画により30トンあまりの鉄とコンクリートの中で上演。その後、新たに結成したM.M.Mの「スキン/SKIN」シリーズでは、メンバー自作の台詞を喋るマシンを俳優とした。