「あやぎぬ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

綺(き)とは、絹織物の一種。紗綾(さや)、平地綾紋織(ひらじ あやもんおり)とも呼ぶ。糸は経糸と緯糸両方に生糸を用いて、織りあがり後に湯に通して練ったもので、地は無紋の平織組織で四枚綾(綾織で緯糸四本ごとに経糸がかかる織り方)で模様を織り出している。同じ絹織物でも地紋が有ることが多い綾組織の織物に比べると、すっきりと軽やかな印象である。中国で考案された織物だが早い時期に日本に伝来し、正倉院御物の中にすでに国産品と思われる綺が見られることからも複雑な模様織の織物としてはいち早く国産化に成功している。(ただし、高位の貴族の多くは国産品が生産されるようになってからも中国からの輸入品を使っていたと思われる。)