「あやのみや」とは?

言葉 詳細
礼宮

概要 (Wikipediaから引用)

『秋篠宮文仁親王』より : 秋篠宮文仁親王(あきしののみや ふみひとしんのう、1965年(昭和40年)11月30日 - )は、日本の皇族。今上天皇の第二皇子。秋篠宮の家祖。母は皇后美智子。身位は親王、皇室典範における敬称は殿下。お印は栂。皇位継承順位は皇太子徳仁親王に次ぐ第2位。勲等は大勲位菊花大綬章。学位は博士(理学)(総合研究大学院大学・1996年)。そのほか、タイ王国複数の大学より、名誉博士の名誉学位・称号を授与されている。 住居(秋篠宮邸)は東京都港区元赤坂2丁目の赤坂御用地内。1997年(平成9年)3月からは旧秩父宮邸を使用している。 少年時代 1965年(昭和40年)11月30日 、皇太子明仁親王と同妃美智子(いずれも当時)の第二男子として宮内庁病院で誕生。幼少時の御称号は礼宮(あやのみや)。「論語」より「博く文を学び、これを約するに礼をもってすれば、またもって畔(そむ)かざるべし」が由来。 幼少時はやんちゃなイメージとして知られていた。テニス等のスポーツに熱心に取り組む一方、地理などにも関心を持っていた。